• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

マイナビオールスターゲーム2017

ゲームレポート

第2戦 2017年7月15日(土) ZOZOマリンスタジアム

パ投手陣の前にセは沈黙、デスパ&鈴木の“地元弾”で決着

 7月15日、舞台をZOZOマリンスタジアムに移して迎えた「マイナビオールスターゲーム2017」の第2戦は、パ・リーグが則本昂大(楽天)、セ・リーグは菅野智之(巨人)の両先発が素晴らしい立ち上がりを見せた。

 則本はマギー(巨人)、筒香嘉智(DeNA)、阿部慎之助(巨人)のクリーンアップから3連続三振を奪うなど2回をパーフェクト。最速158キロのストレートでセの強打者たちをねじ伏せていく。菅野も初回の二死一、三塁のピンチでレアードを154キロのストレートで三振に斬って取るなど、やはり2回を3奪三振の無失点。気迫あふれるピッチングを展開した。

 試合が動いたのは3回表。セの小林誠司(巨人)が二死からパの2番手・金子千尋(オリックス)の初球を一閃。打球はレフトスタンドに飛び込み、チーム初安打が先制のソロ本塁打となる。

 しかし、パもすぐに反撃。4回裏一死でデスパイネ(ソフトバンク)が秋山拓巳(阪神)からバックスクリーン右に飛び込むソロ本塁打を放ってまず同点に追いつく。さらに5回裏、先頭の鈴木大地(ロッテ)が右翼フェンス直撃の三塁打を放つと二死後、秋山翔吾(西武)の一塁線を破る適時二塁打で逆転に成功した。

 さらに7回裏にもパは追撃。5回に続いて先頭で打席に入った鈴木が、代わったばかりのセの4番手・小川泰弘(ヤクルト)の5球目をとらえ、右翼席へソロ本塁打。地元のZOZOマリンスタジアムに「大地コール」を呼び起こし、リードを2点に広げた。

 パは投手陣も万全だった。金子から美馬学(楽天)、二木康太(ロッテ)、黒木優太(オリックス)とつないでセの攻撃陣を沈黙させると、9回は谷元圭介(日本ハム)が締めて3対1で連夜の勝利を呼び込んだ。

 最優秀選手賞には同点弾を含む3安打を放ったデスパイネが選出され、「(ロッテで)3年間プレーした球場でホームランを打つことができてうれしい」。敢闘選手賞には3安打1打点の秋山、2安打1打点の鈴木、セからは先制弾を放った小林が選ばれた。また2試合を通して、ファンに夢と感動を届けた選手に贈られる「マイナビ賞」「日産ノート e-Power賞」には、第1戦で特大の2点本塁打を放った西川遥輝(日本ハム)が選ばれ、2日間にわたって開催された2017年の夢の球宴は幕を閉じた。

マイナビオールスターゲーム2017 第2戦

2017年7月15日(土)
ZOZOマリンスタジアム ◇開始 18時03分 ◇試合時間 2時間18分 ◇入場者 26,407

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
セントラル・リーグ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4 0
パシフィック・リーグ 0 0 0 1 1 0 1 0 x 3 9 0
[セ] 菅野(G)、秋山(T)、●井納(DB)、小川(S)、薮田(C) ‐ 小林(G)、梅野(T)
[パ] 則本(E)、金子千尋(Bs)、○美馬(E)、二木(M)、黒木(Bs)、S谷元(F) ‐ 田村(M)、嶋(E)
本塁打
[セ] 小林(G)(3回ソロ 金子千尋)
[パ] デスパイネ(H)(4回ソロ 秋山)、鈴木(M)(7回ソロ 小川)