• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2005年 表彰選手

2005年6月度「日本生命月間MVP」受賞選手 (セントラル・リーグ)

 6月度の日本生命月間最優秀選手(月間MVP)に広島東洋カープ・新井貴浩選手阪神タイガース・藤川球児投手がそれぞれ打者賞と投手賞に選ばれました。

 新井選手は6月に行われた22試合で打率.413、本塁打10を記録、月間の打撃2冠を達成しました。特に6月22日から28日までの6試合連続本塁打は、打撃の確実性を示す4割を超す高打率と相まってカープ待望の打線の軸の誕生を思わせました。新井選手に迫ったのは23試合で28打点の月間打点王ヤクルト・岩村明憲選手でした。また、早稲田大学の同期で、プロ2年目のヤクルト・青木宣親、阪神・島谷敬両選手が初めて月間MVPの候補に名を連ねています。

 投手賞は阪神・藤川投手が15試合に登板、3勝と8試合連続を含む9ホールドを記録。月間14勝(7敗1分)を挙げ、ペナント争いのトップを走るチームに抜群の貢献を果しました。先発投手の勝利はヤクルト・藤井秀悟投手をはじめ3勝どまりで、いずれも藤川投手の活躍をしのぐことはできませんでした。

 新井、藤川両選手とも初受賞。これで阪神は3カ月連続で受賞者を輩出。これは2003年5月から7月以来のこと、また広島からは先月の黒田投手に次ぐ2カ月連続受賞者で、これは1996年5月紀藤、6月佐々岡以来9年ぶりのことです。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
新 井 (広) 22 80 33 10 17 1 .413
青 木 (ヤ) 23 95 37 0 6 7 .389
岩 村 (ヤ) 23 94 33 5 28 1 .351
鳥 谷 (神) 22 94 31 4 20 0 .330
今 岡 (神) 22 92 23 5 22 0 .250
月間個人投手成績
投手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗北 奪三振 投球回 自責点 防御率
野 口 (中) 3 1 1 2 1 14 21 3 1.29
館 山 (ヤ) 4 0 0 3 1 11 25 7 2.52
藤 井 (ヤ) 5 0 0 3 2 36 33.2 11 2.94
マレン (巨) 5 0 0 3 2 29 29.2 15 4.55
井 川 (神) 4 0 0 3 1 24 23.1 13 5.01
工 藤 (巨) 5 0 0 3 2 25 25.2 15 5.26
投手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗北 セーブ 投球回 自責点 防御率
藤 川 (神) 15 0 0 3 0 0 16.2 3 1.62

新井選手の表彰式は7月29日(金)広島-横浜戦(広島)の試合前に行います。
藤川投手の表彰式は7月19日(火)阪神-横浜戦(甲子園)の試合前に行います。

※セントラル野球連盟記念楯
※日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィー
以上が贈られます。