• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2005年 表彰選手

2005年7月度「日本生命月間MVP」受賞選手 (セントラル・リーグ)

 7月度の日本生命月間最優秀選手(月間MVP)は投手、打者両賞とも中日選手の受賞となりました。 投手賞は川上憲伸投手、打者賞はタイロン・ウッズ選手です。

 川上投手はオールスター・ゲームのため試合数が減った7月度、4試合に登板、その全てに勝利を収め月間最多の4勝(1完封を含む)。 防御率は1点を切る0.61と勿論月間トップの抜群の成績で、月間3勝投手達を抑えて、文句なしの受賞を決めました。

 川上投手は昨年8月以来で、通算6度目の受賞。 これはチームメート山本昌投手、前巨人・松井秀喜選手(現ヤンキース)の7回に次ぎ、落合博満選手(中日=当時)とならぶ受賞回数です。

 打者賞はT・ウッズ、福留孝介、井端弘和選手らの中日勢と新井貴浩(広島)、佐伯貴弘(横浜)両選手が競うという展開でした。 そのなかで、7月を14勝5敗1分の勝率7割超で突き進んだドラゴンズの4番打者として、月間最多28安打と最高打率 .378をマークした活躍が受賞争いに決着をつけました。 T・ウッズ選手は2003年5月(当時横浜)以来2度目の受賞となります。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率 MEP
T・ウッズ (中) 20 74 28 3 15 1 .378 -
福 留 (中) 20 74 25 5 17 2 .338 1
井 端 (中) 20 79 26 1 9 3 .329 4
新 井 (広) 21 84 25 9 15 0 .298 5
佐 伯 (横) 20 74 20 4 20 1 .270 1
月間個人投手成績
投手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗北 奪三振 投球回 自責点 防御率 MEP
川 上 (中) 4 1 1 4 0 19 29.2 2 0.61 4
安 藤 (神) 4 2 0 3 1 24 33.1 5 1.35 2
高橋尚 (巨) 5 1 1 3 1 26 30.2 8 2.35 2
井 川 (神) 4 0 0 3 0 17 27 8 2.67 -
マルティネス (中) 4 0 0 3 1 25 27.1 9 2.96 2
投手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗北 セーブ 投球回 自責点 防御率 MEP
下 柳 (神) 4 0 0 3 0 0 22 6 2.45 1

川上投手、T・ウッズ両選手の表彰式は8月17日(水)中日-巨人戦(ナゴヤドーム)の試合前に行います。

※セントラル野球連盟記念楯
※日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィー
以上が贈られます。