• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2010年 表彰選手

2010年5月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

5月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

 5月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

A.ラミレス (読売)  【8度目】
[成績] 21試合  本塁打 9  打点 25  打率 .305

投手賞

前田 健太 (広島東洋)  【初受賞】
[成績] 5試合  4勝1敗0セーブ  防御率 1.35

 読売・ラミレス選手は5月のチーム全試合(21試合)に出場し、3、4月度に引き続き、本塁打(9)、打点(25)の2部門でリーグトップの成績を記録しました。月間の高打率を記録した打者が多数おりましたが、唯一、打点20以上を記録した勝負強い打撃が評価され、5月12日から開幕したセ・パ交流戦では、セ他球団が苦戦している中、唯一の交流戦チーム月間勝ち越し(14試合=8勝6敗)に、主砲として大きく貢献しました。  ラミレス選手の受賞は昨年8月以来、通算8度目です(ヤクルト時代=5度受賞)。通算8度の受賞は川上憲伸(元中日)、山本昌(中日)、小笠原道大(読売)と並んでリーグ最多タイです。

 投手部門は、抜群の安定感でハーラートップの4勝を上げた広島・前田健投手が、入団4年目で初の受賞となりました。常に完投を意識した投球は先発投手としての役割を十二分に果たし、特に5月15日対北海道日本ハム戦では6安打完封勝利、続いて、5月21日対福岡ソフトバンク戦では無四球完投勝利に2ケタ奪三振(10)と完璧な投球を披露しました。5月のセ・パ交流戦は3戦3勝の負けなしで、パ・リーグ球団に"カープに前田健あり"を強く印象付けたはずです。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
森 野 (中) 21 82 31 3 10 1 .378
石 川 (横) 20 83 31 0 3 5 .373
マートン (神) 22 96 34 4 14 2 .354
栗 原 (広) 22 85 30 4 15 0 .353
坂 本 (巨) 21 86 30 7 14 3 .349
ラミレス (巨) 21 82 25 9 25 0 .305
月間個人投手成績
投手名 球団 試合 完投 完封 三振 投回 自責 防御率
藤 井 (巨) 4 0 0 3 0 0 0 23 25.1 3 1.07
前田健 (広) 5 2 1 4 1 0 0 29 40 6 1.35
東 野 (巨) 4 1 1 3 0 0 0 30 29.2 5 1.52
吉 見 (中) 4 0 0 2 2 0 0 19 26.1 8 2.73
清 水 (横) 4 1 1 2 1 0 0 16 28 11 3.54

ラミレス選手の表彰式は、6月18日(金)巨人-中日戦(東京ドーム)の試合前に行われる予定です。
前田健投手の表彰日は未定です。
各選手には、
  ☆セントラル野球連盟より記念楯
  ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィー が贈られます。