• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2010年 表彰選手

2010年6月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

6月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

 6月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

阿部 慎之助 (読売)  【3度目】
[成績] 21試合  本塁打 14  打点 21  打率 .375

投手賞

久保 康友 (阪神)  【2度目】
[成績] 4試合  4勝0敗0セーブ  防御率 2.61

 読売・阿部選手は、6月のチーム全試合(21試合)に出場し、打率(.375)、本塁打(14)、打点(21)の3部門でリーグトップの成績を記録し、月間の“三冠王”となる大活躍でした。特に本塁打は、自身3度目となる月間2ケタ本塁打を記録し、6月の1カ月間だけで開幕からの12本塁打を上回り、一気に本塁打部門のトップに立ちました(他、ブラゼル、ラミレス選手が同数)。21試合中16試合で安打を放ち、そのうち11試合で本塁打を記録し、首位を走るチームの原動力になっていることは言うまでもありません。阿部選手の受賞は昨年9月以来、通算3度目です。また、読売からの【打者賞】の選出は3カ月連続です(2007年7月~9月・ヤクルト以来)。  阪神・久保投手は、6月に登板した4試合全てで勝ち星をあげ、6月の月間最多勝利投手となりました。今シーズンはすでに7勝を記録し、昨年の9勝を上回ることは勿論のこと、新人王を獲得した2005年以来の2ケタ勝利(10勝3敗)を期待させる安定した投球内容を披露しています。特にシーズン完投数(3試合)はリーグトップで、1試合の平均投球回数も7回超と、自身のキャリアの中でも最長で、確実に試合を作り計算の出来る投手としてチームの信頼を得ていることでしょう。久保投手の受賞は2005年6月以来(パ・リーグ在籍時)、通算2度目です(セ・リーグでは初受賞)。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
青 木 (ヤ) 22 96 36 0 10 2 .375
阿 部 (巨) 21 80 30 14 21 0 .375
飯 原 (ヤ) 20 70 26 2 10 0 .371
田 中 (ヤ) 22 82 30 1 18 0 .366
マートン (神) 19 85 31 1 17 2 .365
ブラゼル (神) 19 77 28 10 20 0 .364
月間個人投手成績
投手名 球団 試合 完投 完封 三振 投回 自責 防御率
下 柳 (神) 4 0 0 2 0 0 0 14 26 5 1.73
由 規 (ヤ) 4 0 0 3 0 0 0 18 25.2 5 1.75
前田健 (広) 4 0 0 2 0 0 0 22 31 7 2.03
内 海 (巨) 4 1 1 1 1 0 0 19 25 6 2.16
久 保 (神) 4 1 0 4 0 0 0 17 31 9 2.61
*久 保 (巨) 12 0 0 3 0 0 5 17 15.2 1 0.57

* 印=規定投球回未満


阿部選手の表彰式は、7月20日(火)巨人-東京ヤクルト(東京ドーム)の試合前に行われる予定です。
久保投手の表彰日は、7月13日(火)阪神-巨人(甲子園)の試合前に行われる予定です。
各選手には、
  ☆セントラル野球連盟より記念楯
  ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィー が贈られます。