• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • セントラル・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2012年 表彰選手

2012年8月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

8月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

8月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

阿部 慎之助
阿部 慎之助 (読売ジャイアンツ)【5度目】
[成績]  試合 27  安打 29  本塁打 8  打点 27  打率 .296

投手賞

吉見 一起
吉見 一起 (中日ドラゴンズ)【2度目】
[成績]  試合 5  4勝0敗0S 完封 1(無四球) 防御率 1.18

 打者部門は、快調に首位を走る読売ジャイアンツから阿部慎之助選手、長野久義選手の2選手と、打撃各部門で上位に名前を連ねる東京ヤクルトのラスティングス・ミレッジ選手が有力候補となりましたが、阿部選手が6月度に続き、今シーズン2度目の受賞となりました。 8月度は、本塁打(8本)、打点(27打点)の2部門でリーグトップに立ちました。 必ずしも万全とは言えない体調の中、本職の捕手と一塁の併用で欠場せずに、キャプテンとしてチームを鼓舞しました。 阿部選手の5度目の受賞は、古田敦也氏(元東京ヤクルト)を抜いて、セ・リーグ捕手の最多受賞となります。 読売球団からは5月度・杉内投手を筆頭に4ヵ月連続【*1】での受賞選手の輩出となり、同一球団からの4ヶ月連続受賞は2010年(6月度~9月度)の阪神球団以来となります。
【*1】= 投手・打者のいずれかの受賞

 投手部門は、中日のエース・吉見一起投手が無四球完封1(8月8日・対広島16回戦)を含む2完投、4勝負けなしの抜群の投球内容で自身2011年9月度以来となる2度目の受賞となりました。 8月度に登板した5試合中、唯一、勝ち星が付かなかった8月1日・対巨人14回戦は、チームが9回裏に同点に追いつかれ引き分け試合となりましたが、吉見投手は6回1失点と勝利投手の権利を得て継投しています。 8月度に与えた四球は僅かに2個(死球0個)で、与四球率0.47【*2】が吉見投手の真骨頂である制球力の素晴らしさを証明しています。
【*2】 1試合に与える四球を「四球数×9回/投球回数」で算出

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
長野 久義 (巨) 27 108 39 1 8 3 .361
ミレッジ (ヤ) 27 98 35 6 15 2 .357
阿部 慎之助 (巨) 27 98 29 8 27 0 .296
月間個人投手成績
選手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗戦 投球回 奪三振 自責点 防御率
吉見 一起 (中) 5 2 1 4 0 0 0 38 22 5 1.18
内海 哲也 (巨) 5 1 1 3 0 0 0 34.2 21 8 2.08
岩田 稔 (神) 5 0 0 3 1 0 0 29.1 18 14 4.30
*ソ ト (中) 4 0 0 3 0 0 0 25.1 20 2 0.71

* 印=規定投球回未満


◎阿部選手の表彰式は、9月13日(木)巨人-広島(東京ドーム)の試合前に行われる予定です。
吉見投手の表彰式は未定です。

◎各選手には、
 ☆セントラル野球連盟より記念楯
 ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィーが贈られます。