• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2019年 表彰選手

2019年8月度「大樹生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

8月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

投手部門

D.ブキャナン 投手 (東京ヤクルトスワローズ)【初受賞】
[成績] 5試合 3勝0敗 投球回33 防御率1.64 奪三振22 自責点6

 投手部門は、東京ヤクルトスワローズ・デービッド・ブキャナン投手が初受賞。
 ブキャナン投手は、先発として5試合に登板し3勝(リーグトップタイ)をマーク、防御率1.64(リーグトップ)、自責点6と安定した成績を残した。登板した全試合で、投球回6回以上、自責点2点以内と先発としての役割を十分に果たし、特に18日の対中日20回戦(神宮)では、8回を4安打無失点と圧巻の投球を披露した。また、自身に勝敗は付かなかったものの、12日の対横浜DeNA19回戦(神宮)では6回を2失点、31日の対中日22回戦(ナゴヤドーム)では7回2失点で粘り強い投球により試合を作った結果、先発した全試合でチームの勝利に貢献した。
 投手部門での東京ヤクルトからの受賞は、2018年6月度の小川投手以来。

打者部門

西川 龍馬 内野手 (広島東洋カープ)【初受賞】
[成績] 27試合 打率.365 42安打 4本塁打 12打点 2盗塁

 打者部門は、広島東洋カープ・西川龍馬選手が初受賞。
 西川選手は、全27試合に1番打者として出場し、リーグトップの42安打と22得点を記録。22試合で安打を放ち(マルチ安打13度・うち猛打賞5度)、リーグ2位の打率.365、リーグ4位の出塁率.421の安定した成績を残した。月間42安打は、水谷実雄氏(1978年)・嶋重宣氏(2004年)と並ぶ球団タイ記録であり、今シーズンは27試合連続安打(球団2位)や球団新記録の月間4本の先頭打者本塁打をマークするなど、通算打率.305、14本塁打(8月末時点)と好調を維持している。後半戦から斬りこみ隊長に任命され、天性の打撃で今後もチームを牽引していく。
 打者部門での広島東洋からの受賞は、2017年9、10月度受賞の松山選手以来。

表彰式日時

ブキャナン投手…9月21日(土)東京ヤクルト対中日(神宮 18:00)の試合開始前
西川選手…9月16日(月・祝)広島東洋対東京ヤクルト(マツダスタジアム 14:00)の試合開始前

賞品

・セントラル野球連盟より記念盾
・大樹生命保険株式会社より賞金30万円とトロフィー