• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016

フォトギャラリー

若手選手による夢の球宴「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016」は14日、倉敷・マスカットスタジアム(岡山県倉敷スポーツ公園野球場)で行われ、イースタン・リーグ選抜がウエスタン・リーグ選抜に6-1で快勝、通算対戦成績を20勝27敗5分としました。

昨年は台風のため中止、今年も当日まで雨が残る空模様のマスカットスタジアムでしたが、開始前には雨も上がり青空の広がる中、試合が始まりました。

ウエスタン選抜の先発投手は髙橋純平(福岡ソフトバンク)、イースタン選抜の先頭打者・オコエ瑠偉(東北楽天)にいきなり中堅越えに二塁打を浴びるものの後続を抑えます。一方、イースタン選抜の先発・長谷川潤(読売)は三者凡退に抑える完璧な立ち上がりをみせました。

イースタン選抜は2回、2死から安打と死球で作ったチャンスに、清水優心(北海道日本ハム)が中前にタイムリーヒットを放って先制。
続くオコエ、呉念庭(埼玉西武)も続き、3者連続適時打で3点を先制しました。ウエスタン選抜もその裏、2イニング目の長谷川から板山祐太郎(阪神)が粘った末の11球目を振り抜いた打球は、ライトポールに当たるホームランとなり1点を返します。

5回表、イースタン選抜は呉と肘井竜蔵(千葉ロッテ)の連打で無死一、三塁とすると、4番に入った岡本和真(読売)がレフトスタンドにスリーランホームランを放ちリードを広げました。その後、イースタン投手陣は、3回以降、ウエスタン打線を2安打のみの無四球で抑え、最後は安樂智大(東北楽天)が締めました。

最優秀選手賞(MVP)には試合を決める本塁打を放った岡本が、優秀選手賞には3安打1打点のオコエ、本塁打を放った板山が選ばれました。

プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016

2016年7月14日(木)
倉敷 ◇開始 18:08 (2時間41分) ◇入場者 15,091

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
イースタン・リーグ選抜 0 3 0 0 3 0 0 0 0 6 13 0
ウエスタン・リーグ選抜 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 4 0
バッテリー
[イ] 長谷川(G)、飯塚(DB)、上原(F)、多和田(L)、佐藤(L)、中島(S)、安樂(E) - 清水(F)、柿沼(M)
[ウ] 髙橋(H)、青柳(T)、野村(D)、藤井(C)、松本(H)、塚田(Bs)、山﨑福(Bs)、塹江(C)、守屋(T) - 坂本(T)、張本(H)、木下(D)
本塁打
[イ] 岡本(G) (5回3ラン 松本)
[ウ] 板山(T) (2回ソロ 長谷川)