• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

東日本大震災復興支援事業「NPBベースボールフェスタin福島」をいわき市で開催

 12月10日に、NPB東日本大震災復興支援事業の一環として、「NPBベースボールフェスタin福島」〜プロ野球選手と遊ぼう〜を福島県いわき市の上荒川公園内総合体育館において開催しました。福島県内在住の小学生、または震災により移転・転校を余儀なくされた小学生を対象に一般募集にて参加者を募りました。

 当日は300人を超える子供たちが、選手24人(12球団から各2選手)、そして各球団マスコット12体と触れ合いました。

 福岡ソフトバンクで選手会長を務める長谷川勇也選手の開会宣言で開幕したイベントは、選手がキャプテンとなりチーム分けした運動会形式で行われました。綱引きやリレーでは、選手も真顔になっての白熱した勝負が繰り広げられました。運動会後は、JA福島さくらよりご提供頂いたカレーライスを選手が配膳し、子供たちと一緒に食事をしました。また、マスコットによるイベントでは子供たちの大きな笑い声が体育館に響き、イベントの最後に行われた選手によるお宝グッズプレゼント抽選会も大いに盛り上がりました。子供たちそして見守る保護者、地元関係者、選手たちにも楽しいイベントとなりました。

 イベントの締めくくりに、広島東洋の守護神・中﨑翔太投手がシーズン同様、見事なクロージングの挨拶を行い、子供たちに惜しまれつつイベントを無事終了することができました。

 福島県出身選手や東北出身選手、また東北にゆかりのある選手はもちろん、本イベントに初めて参加した若い選手たちも、子供たちからのあこがれの眼差しを感じ、改めてこういったイベントを行うことの意義や継続して行うことの必要性を感じているようでした。