• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【コラム】過去のデータを覆して楽天がファイナルへ。王者ソフトバンクを倒すには先制点を奪いたい

 楽天のファイナル進出は絶望的――。10月14日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ初戦、楽天はシーズン中から苦手にしていた西武先発の菊池雄星の前に打線が沈黙。最多勝を獲得した左腕の直球、スライダーに手が出ず、完封負けを喫した。しかも、エースの則本昂大が4回7失点と大乱調。10対0の完敗、さらにパ・リーグでは過去10回のCSファーストステージで初戦に負けたチームはすべて敗退している事実も重くのしかかった。

 その嫌な雰囲気を振り払ったのが岸孝之、そして梨田昌孝監督の見事な采配だった。岸は2戦目に先発。初回、茂木栄五郎の先頭打者本塁打で早々に援護点をもらったその裏、秋山翔吾のセンター前にポトリと落ちる当たりでいきなり二塁を陥れられるも動揺はしない。後続を抑えてピンチを切り抜けると、その後も100キロ台のカーブを織り交ぜながら、勝負どころでは140キロ後半の直球で押す。6回1/3を無失点とチームに流れを呼び込み、4対1で逆王手をかけた。

 そして第3戦。1点差に迫られた5回裏、二死三塁で打席に秋山を迎えた場面で梨田監督は先発の美馬学から高梨雄平へスイッチ。公式戦で秋山を4打数無安打に封じ込めていた左腕が空振り三振に仕留め、6回無死一塁では森友哉の代打にメヒアが送られると宋家豪をマウンドへ。今季一軍登板は5試合のみの右腕が151キロの直球で見逃し三振に斬って取るなど、この回無失点。続く7回、二死一、二塁のピンチで再び秋山を迎えると、ハーマンから福山博之に代え、またしても空振り三振で西武打線の反撃を許さなかった。この短期決戦用の積極的な継投が功を奏し、5対2で西武を下して楽天はファイナルステージへのキップを手にした。

 ファーストステージで“下克上”を果たした楽天。ファイナルステージでもそれを成し遂げたいが、相手のソフトバンクは強大な敵だ。王者の今季のストロングポイントは日本記録をはるかに上回る54セーブをマークした守護神・サファテ、8回に岩嵜翔が控えるリリーフ陣だ。シーズン中に7回を主に任されたモイネロも完全復調の様子で、森唯斗、五十嵐亮太、嘉弥真新也とタイプの異なるハイレベルな顔ぶれが並ぶ。先制した試合で73勝9敗、6回終了時にリードした試合で76勝3敗、1点差ゲームは27勝15敗と比類なき強さを見せた。東浜巨、千賀滉大、和田毅、バンデンハーク、武田翔太の先発陣がリードを保った状態でバトンをつなげれば勝利の可能性は一気に高まる。それだけに楽天としては先制点を奪って相手に主導権を渡したくない。ファーストステージ第2、3戦のように初回に点を挙げられればベスト。一番の茂木がどのような打撃を見せるかがポイントだ。

 ソフトバンクにも誤算はある。シーズンで打率.310、31本塁打、99打点、出塁率.426の柳田悠岐が出場できないことだ。チャンスメーカーとポイントゲッターの2役をこなす打線の牽引車を欠き、得点力低下は否めない。だが、左手親指骨折でシーズンの半分を棒に振った内川聖一が四番に復帰し、穴を埋める。いずれにせよ、楽天は裏ローテからのスタートとなるが、塩見貴洋ら先発陣の踏ん張りがカギとなるだろう。今季、楽天はヤフオクドームで7勝5敗と勝ち越しているのも心強いデータとなる。

【文責:週刊ベースボール】