• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【コラム】ジンクスを振り払いソフトバンクが逆転で日本シリーズへ

   

 10月18日にヤフオクドームで開幕したクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦。楽天は先頭の茂木栄五郎がソフトバンク先発・東浜巨の3球目をとらえる先頭打者本塁打で先制。2回にアマダー、4回にはウィーラーにもソロ本塁打が飛び出し、3点のリードを奪う。ソフトバンクも6回に今宮健太、9回に内川聖一がソロ本塁打を放って追いすがるが、反撃もそこまで。ソロ本塁打5本が飛び交うロースコアゲームを、楽天が3対2で制した。

 過去のCSファイナルステージでは、初戦で負けたチームはすべて日本シリーズ進出を逃している。ソフトバンクはそんなジンクスを払うべく続く第2戦に臨んだが、楽天投手陣の前に打線が沈黙。先発の千賀滉大は6回1/3を2失点と奮闘するも、1対2で敗れて連敗スタートに。内川の4回に飛び出した2試合連続弾も空砲に終わった。

 流れが変わったのが第3戦だ。打線を大きく組み替えてきたソフトバンクは攻撃陣が活性化する。1、2回でリードを許す展開も、3回に内川が3試合連発となる逆転3ランを放つと、5対5の同点に追いつかれた8回には七番に下がっていた中村晃が決勝2ランをたたき込む。ソフトバンクが7対5でようやく初勝利をもぎ取った。

 第4戦も2対3の6回に内川がCS同一ステージ初となる4試合連続本塁打の同点弾、続く中村晃が2試合連続の決勝弾を放って逆転。7回から登板したモイネロが回またぎで8回途中までつなぎ、8回二死からサファテが登板するスクランブルの継投で、3連投だった岩嵜翔を休ませながら4対3で勝利。ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけた。

 迎えた第5戦は7対0でソフトバンクが完勝。一番・中堅で電撃復帰を果たした柳田悠岐が先制の足掛かりを作るなど初回に3点を先制すると、4回には松田宣浩に2ラン、柳田に適時打が生まれ、8回には髙谷裕亮がダメ押しの適時打を放つ。投げては武田翔太がキレ味鋭い投球で7回を5安打無失点。岩嵜翔、森唯斗とつなぎ、最後は守護神サファテが締めた。2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

 ソフトバンクは先発陣こそやや不安定さを垣間見せたが、自慢のリリーフ陣がトータルで失点ゼロと驚異的な投球で先発陣をフォロー。攻撃陣も4試合連続本塁打を放ってMVPを獲得した内川に引っ張られるように第3戦から上向き、第5戦で復帰した柳田が最後の起爆剤となった。

【文責:週刊ベースボール】