• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【セCSファイナルS回顧】広島が貫録のストレート勝ち。2年ぶりの頂上決戦へ進出

 ヤクルトとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを2連勝で勝ち上がったレギュラーシーズン3位の巨人と、23もの貯金を作り圧倒的な力でセ・リーグを制した広島との一戦は、リーグ3連覇中の王者がストレート勝ちで貫録を見せた。

 今シリーズの明暗を分けた1つに第1戦、それも初回の攻防が挙げられる。この試合、巨人は先頭の坂本勇人が中前打で出塁するまでは良かったが、続く二番・田中俊太が4球目にヒットエンドランを失敗(ファウル)。これが痛恨だった。続く5球目の直球を打たされて併殺打となり、最低でも走者を進めたい場面で、自ら先制の芽を摘んでいる。

 一方の広島は試合巧者。すぐ裏の攻撃で、田中広輔が四球で出塁すると、こちらは二番の菊池涼介がヒットエンドランをキッチリと成功。無死一、三塁のチャンスを作り、三番・丸佳浩の二ゴロでいとも簡単に先制点を奪い取る。緒方孝市監督が「いい形で先制してくれた」と評価した1点は、巨人にとってはあまりにも重く、試合から遠ざかっていた広島にとっては落ち着きを取り戻すに十分な、価値ある1点となった。広島は4回には鈴木誠也の2点本塁打などで3点。7回には丸にダメ押しソロが飛び出し、緒方監督が言うところの「普段着の野球」で大切な初戦を6対1の勝利で飾っている。

 第2戦は巨人先発・田口麗斗と広島先発・ジョンソンの息詰まる投手戦。最初に試合を動かしたのは巨人だった。6回表、坂本勇のチーム初安打をきっかけに二死二塁のチャンスを作るとマギーが右中間に適時二塁打で先取点を奪う。しかし8回、今度は広島打線が牙をむく。7回に田口からバトンを受けていた巨人の2番手・畠世周が、回をまたいで続投したが、二死後に代打の松山竜平が四球で出塁すると、続く代打・新井貴浩は左翼線へ適時二塁打で同点に。盛り上がる広島は、浮足立った畠を攻め、なおも二死一、二塁から菊池が3点本塁打で一気に試合を決めた(4対1)。

 日本シリーズ進出まで王手(レギュラーシーズン優勝によるアドバンテージ1勝あり)となった広島は、第3戦もその手綱を緩めることはなかった。立ち上がりが不安定な巨人先発・今村信貴を攻め、2回裏、野間峻祥の適時二塁打などで2点を先制する。続く3回には、丸のソロが飛び出し追加点。投げては先発・九里亜蓮が6回途中1失点の好投を見せ、その後は自慢のリリーフ陣による4人の継投でリードを守り切った(5対1)。

 CSファーストステージを勝ち抜き、下克上を狙った巨人を圧倒し、緒方監督は「とにかく短期決戦は初戦が大事でした」と振り返り、「投手陣が頑張ってくれました。初戦の大瀬良、2戦目のジョンソン、3戦目の九里が素晴らしいピッチングをしてくれた」と各試合1失点ずつの先発投手陣を絶賛。そして最後に10月27日から始まる日本シリーズに向けて「チーム一丸となって、ファンとともに日本一を勝ち取ります」と、1984年以来34年ぶりの日本一を誓った。

【文責:週刊ベースボール】