• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • セントラル・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2014

試合結果

試合結果 第5戦(10月30日)

フォトギャラリー

SMBC日本シリーズ 第5戦

2014年10月30日(木)
ヤフオクドーム ◇開始 18:33 (3時間31分) ◇入場者 36,068

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
阪 神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
福岡ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 1 X 1 9 0
[神] ●メッセンジャー(1-1)、呉昇桓 - 藤井
[ソ] 攝津、森、○五十嵐(1-0)、(S)サファテ(2) - 細川

緊迫した投手戦を制した福岡ソフトバンク。本拠地福岡での3連勝で3年ぶりの日本一!

 日本一に王手をかけ、一気に本拠地で決めたい福岡ソフトバンク。秋山幸二監督がマウンドに送ったのはシーズン終盤に大量失点を繰り返した攝津正だった。この大一番でタカのエースは見事なピッチングを披露した。第2戦以降、わずか4点しか挙げられず、五番のマートンを一番に起用し、福留孝介を六番から五番に上げ、西岡を六番に回した新打順で臨んだ阪神打線の前にキレ味鋭いカーブ、シンカーを軸に立ちはだかる。3回まで毎回走者を出すも、変化球を低めに集めて凡打の山を築き得点を許さない。さらにバックも攝津をもり立てる。3回、女房役の細川亨が2度、盗塁を刺すなど、エースを鼓舞した。

 一方、阪神の先発・メッセンジャーも気迫のピッチングを見せる。7回2失点と好投した今シリーズ初戦から中4日の登板だったが、150キロに迫るストレートには球威があり、福岡ソフトバンク打線を力で封じ込める。3回二死二、三塁ではダイビングキャッチ、6回二死二、三塁では中堅後方の大飛球に対し快足を飛ばして捕球した中堅・大和の大ファインプレーも助っ人右腕を助けた。

 両軍のスコアボードにゼロが並んでいったが、福岡ソフトバンクは好投の攝津を6回でベンチに下げ、7回に森唯斗、8回に五十嵐亮太を投入するいつもどおりの継投策に打って出る。阪神は100球を超えてもメッセンジャーを続投させていたが8回、ついに福岡ソフトバンク打線がとらえる。先頭の柳田悠岐が右前打で出塁すると、犠打と内川聖一の右前打で一死一、三塁のチャンス。四番・李大浩は三振に倒れたが、続く五番・松田宣浩がメッセンジャーの134球目、148キロの真ん中ストレートをたたくと、均衡を破る中前打となった。

 1対0。ついにリードを奪った福岡ソフトバンクは9回、守護神のサファテをマウンドに送る。しかし、3四球で一死満塁のピンチ。六番・西岡剛にも3ボール1ストライクとなり、押し出し四球で同点という場面が球場のファンの頭にもよぎったが……。しかし、西岡が続く5球目を打ち一塁正面のゴロ。捕球した一塁手の明石健志から捕手の細川に送球され、本塁封殺。再び細川から一塁へ送球されると、打者走者の西岡に当たってボールが転々。阪神が同点か、と思われたが、ラインの内側を走っていた西岡が守備妨害をとられ、ゲームセット。福岡ソフトバンクが3年ぶりの日本一に輝いた。

 ナインの手により10度、宙を舞った秋山幸二監督。今季限りでの退任が決まっているが、「ここ(福岡)で3連勝できて本当にうれしいです。チーム一丸となって戦うことができました。本当に夢のようです」と有終の美を飾り、喜びを噛み締めた。

  • 福岡ソフトバンクの先発は攝津正
  • 3回裏・大和のファインプレイ
  • 8回裏・松田宣浩が決勝適時打
  • 胴上げをされる秋山幸二監督