• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • セントラル・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPBからのお知らせ

プロ野球統一試合球

統一試合球に関する規則改正について

 日本野球機構は3日、プロ野球試合使用球に関する規則(セ、パ両リーグのアグリーメント=申し合わせ事項)の2月1日付けでの改正を発表しました。

 これまで平均反発係数の基準値を「0.4034~0.4234の範囲内」としていたところを「0.4134を反発係数の目標値とする」と改めたほか、統一試合球の納品前規格検査の実施手順などが定められました。

【プロ野球試合使用球に関する規則(抜粋)】

第2条(統一試合球の基準)
統一試合球は、以下の基準による。

  • ボールの反発係数は、「0.4134」をその目標値とする。
  • ボールの周囲は、9インチ(22.9cm)~9インチ1/4(23.5cm)の範囲内とする。
  • ボールの重量は、5オンス(141.7g)~5オンス1/4(148.8g)の範囲内とする。
  • ボールの縫い目幅は16分の5インチ(0.8cm)、縫い目高さは28分の1インチ(0.9mm)をそれぞれ標準とし、またその縫い目の数は108とする。
  • 本条各項に規定する事項以外については、野球規則の一般規定が適用される。