• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2015 WBSC プレミア12

フォトギャラリー

3位決定戦 Game37 - 11月21日(土) -

 WBSC世界野球ランキングの上位12カ国が出場する国際大会「2015 WBSC プレミア12」は21日、3位決定戦が東京ドームで行われ、日本はメキシコと対戦、5本塁打など打線爆発で11-1とコールド勝ちし、今大会を3位で終えました。

 日本は初回、3番の山田哲人(東京ヤクルト)が左翼席にソロ本塁打を放ち先制。続く2回には、敵失で1点を追加した後、山田が2打席連続となる2ラン本塁打を左中間に叩き込みました。さらに、中田翔(北海道日本ハム)が今大会3号となる2ラン、松田宣浩(福岡ソフトバンク)も同2号となる2ランで続き、この回2死から一気に7点を奪いリードを広げました。

 投手陣も先発・武田翔太(福岡ソフトバンク)から菅野智之(読売)、山崎康晃(横浜DeNA)とつなぎ、一発こそ浴びたものの、危なげない投球でメキシコ打線を2安打に封じました。

 9-1とリードした7回裏、無死1塁から秋山翔吾(埼玉西武)が右翼席に2ラン本塁打を放って10点差となり、大会規定によりコールドゲームとなりました。

 小久保裕紀監督は試合後、「一昨日のゲームでは悔しい思いをしたが、選手みんなが気持ちを切り替えて、“最後いい形で終わろう”という言葉通りに締めてくれた。世界一になれなかったのは悔しい思いでいっぱい。ただ、堂々と戦い抜いた選手たちには敬意を表したい。」と話しました。

 日本は、WBSCプレミア12の初代王者の座につくことはなりませんでしたが、2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での王座奪還に向け、新たな課題をもってスタートする事になりました。

3位決定戦 (Game 37)

2015年11月21日(土)
東京ドーム ◇開始 13:05 (2時間26分) ◇入場者 40,411(※21日の入場者数)

(B組4位)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
メキシコ 0 0 0 0 0 1 0     1 2 1
日 本 1 7 0 0 0 1 2X     11 11 0

(B組1位)

(大会規定により7回裏無死コールドゲーム)

バッテリー
[メ] ●M.Pena(0-2)、Carrillo、E.Garcia、Caldera、Correa、Madrigal - Sosa、K.Garcia
[日] 武田、○菅野(1-0)、山崎康 - 炭谷、中村悠
本塁打
[メ] Perez 1号(6回1点 菅野)
[日] 山田 1号(1回1点 M.Pena) 2号(2回2点 M.Pena)、中田 3号(2回2点 Carrillo)、松田 2号(2回2点 Carrillo)、秋山 1号(7回2点 Madrigal)