• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2010年 表彰選手

2010年7月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

7月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

 7月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

平野 恵一 (阪神)  【初受賞】
[成績] 21試合  安打 37  打点 4  打率 .435

投手賞

石川 雅規 (東京ヤクルト)  【2度目】
[成績] 5試合  4勝0敗0セーブ  防御率 2.16

 阪神・平野選手は、不動の2番打者として7月のチーム全試合(21試合)に出場し、打率(.435)はリーグトップを記録し、チームの首位浮上に大いに貢献しました。 月間に放った37安打は勿論リーグトップで、出場21試合中19試合で安打を放ち、そのうち14試合でマルチ安打を記録した打撃は安打製造機と呼ぶに相応しく、積極的な打撃によって主軸打者に繋ぐ攻撃的なスタイルは、好調な阪神打線の一環を担う活躍ぶりでした。 平野選手はオリックス在籍時代を通じて初受賞となります。

 東京ヤクルト・石川投手は、7月は5試合に登板し、中日・チェン投手と並ぶ月間最多勝の4勝を挙げました。 阪神・スタンリッジ投手が完封を含む2完投3勝、防御率1.09と抜群の投球を披露しましたが、石川投手は勝ち星こそ付かなかった1試合(7/3対中日10回戦・秋田)も6回1/3を2失点と試合を作り(同点で降板)、チームの勝利に貢献し、登板した5試合全てにチームは勝利しています。 今シーズンは開幕から6連敗スタートと、エースにとっては大変苦しいシーズンとなりましたが、それ以降は徐々に持ち味である両サイドを丁寧に突く制球力が戻り、エースの復活とともにチームも浮上しています。 石川投手の受賞は2008年4月以来、通算2度目です。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
平 野 (神) 21 85 37 0 4 1 .435
ハーパー (横) 17 61 26 7 18 0 .426
青 木 (ヤ) 19 75 31 3 10 4 .413
浅 井 (神) 21 66 25 1 6 2 .379
和 田 (中) 21 79 29 6 15 2 .367
ブラゼル (神) 21 85 23 7 20 1 .271
ラミレス (巨) 21 83 20 7 13 0 .241
月間個人投手成績
投手名 球団 試合 完投 完封 三振 投回 自責 防御率
スタンリッジ (神) 4 2 1 3 0 0 0 34 33 4 1.09
石 川 (ヤ) 5 0 0 4 0 0 0 11 33.1 8 2.16
チェン (中) 4 1 1 4 0 0 0 25 28 7 2.25
山 井 (中) 4 1 1 2 0 0 0 24 26.1 7 2.39
村 中 (ヤ) 4 0 0 2 1 0 0 23 26 8 2.77

平野選手の表彰式は、8月13日(金)阪神-東京ヤクルト(京セラD大阪)の試合前に行われる予定です。
石川投手の表彰式は、8月26日(木)東京ヤクルト-横浜(神宮)の試合前に行われる予定です。
各選手には、
  ☆セントラル野球連盟より記念楯
  ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィー が贈られます。