• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2012年 表彰選手

2012年度「最優秀JA全農Go・Go賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

パ・リーグ受賞選手

最優秀JA全農Go・Go賞

杉内 俊哉
杉内 俊哉(読売ジャイアンツ)

 セントラル・リーグの“最優秀JA全農Go・Go賞”は、読売・杉内俊哉投手が受賞しました。
 杉内投手には連盟より記念品、JA全農(全国農業協同組合連合会)より賞金50万円と、副賞としてJA全農が運営するインターネットショッピングモールJAタウンより、サイト内で「安心で新鮮な国産農畜産物」を購入できるJAタウンショッピングカード50万円分が贈られます。

 「最優秀JA全農Go・Go賞」は、2011年度から新設された賞で、今シーズン各月の受賞選手を対象に、JA全農とセ・パ両リーグが協議の上、受賞選手を決定するものです。

 杉内投手は、5月度の「最多奪三振賞(King of K賞)」を受賞しております。受賞内容は5試合に登板し、39.2イニングを投げ、月間最多となる50奪三振を記録しました。セ・リーグにおいて月間の奪三振が「50」の大台に到達したのは、1994年8月、広島・紀藤真琴投手が51個を記録して以来となり、併せて、賞の制定以降、セ・リーグにおける「最多奪三振賞(King of K賞)」の最高記録となります。

 各月の受賞選手の記録も、その月の最高記録で素晴らしい内容でしたが、杉内投手の受賞内容(記録)への評価が極めて高く、「最優秀JA全農Go・Go賞」の受賞が決定しました。
(2011年度受賞の阿部慎之助選手に続いて、読売球団からの受賞は2年連続)

 杉内投手の表彰式は、JAビル(東京都千代田区)にて、シーズン終了後に行う予定です。

2012年度のJA全農Go・Go賞受賞選手
月度 表彰テーマ 受賞選手 球団  備考
3、4月度 「最多盗塁賞」 大島 洋平
丸 佳浩
(中)
(広)
 盗塁5に4人が並び、
 盗塁成功率で2人が受賞
5月度 「最多奪三振賞」 杉内 俊哉 (巨)  月間最多の50奪三振
6月度 「救援賞」 T.バーネット (ヤ)  7Sでリーグ最多7.0ポイント
7月度 「最多盗塁阻止賞」 谷繁 元信 (中)  月間最多の盗塁阻止数7
8月度 「最多二・三塁打賞」 上本 博紀 (神)  二、三塁打の合計数が月間8本