• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2013年 表彰選手

2013年度 第4回ジョージア魂賞(5月下期) 受賞プレー

第4回ノミネートプレー

 チームのために最も貢献した魂あふれるプレーに贈られる、第4回ジョージア魂賞(5月下期)の受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。

第4回ジョージア魂賞(5月下期)

菊池 雄星
菊池 雄星 (埼玉西武ライオンズ)
「気迫の投球でチームの連敗を3でストップ」
受賞プレー

5月20日(月) 埼玉西武ライオンズ 対 阪神タイガース

 もはやエースと言っても過言ではないだろう。チームの連敗を3でストップさせたのは埼玉西武・菊池雄星選手だった。先発マウンドに上がった左腕は威力のある直球、キレのあるカーブ、チェンジアップを投げ込み阪神打線を抑え込む。7回表、新井良太選手にソロ本塁打を浴びたが、失点はこれだけ。8回5安打1失点の好投でチームを勝利に導いた。2年前、プロ初登板も阪神戦で、このときは3回途中でKOされ涙を流したが、そのリベンジも果たす好投。「先に点を与えず、よく辛抱した」と渡辺監督も菊池の気迫の投球に目を細めた。

 今回の受賞に関して、二宮清純選考委員は「“未完の大器”が、プロ4年目にしてようやく開花したようだ。今後、さらなる進化が期待される」と称えました。

 第4回ジョージア魂賞(5月下期)は、候補6プレーに対して6月2日(日)から6月19日(水)までの間、ファンの方々に投票していただきました。その結果、総投票数35,434票中、最も多い9,630票を獲得した、菊池雄星選手(埼玉西武)のプレーに決定いたしました。

 表彰式は、7月に西武ドームで行う予定です。

 受賞選手には、ジョージア魂賞のトロフィーとともに、副賞としてジョージア製品1年分(12ケース)と賞金30万円が贈られます。