• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2013年 表彰選手

2013年度 第11回ジョージア魂賞(9月上期) 受賞プレー

第11回ノミネートプレー

 チームのために最も貢献した魂あふれるプレーに贈られる、第11回ジョージア魂賞(9月上期)の受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。

第11回ジョージア魂賞(9月上期)

バレンティン
W.バレンティン (東京ヤクルトスワローズ)
「勝利を呼び込んだ新記録樹立の2本塁打」
受賞プレー

9月15日(日) 東京ヤクルトスワローズ 対 阪神タイガース

 この試合でシーズン最多本塁打記録を更新したバレンティンだが、効果的な2本塁打となり東京ヤクルトが快勝した。初回、飯原の適時打で先制すると、なおも一死二塁でバレンティンが56号2ラン。さらに3回裏にも一死からリードを広げる57号ソロを左翼席へたたき込んだ。これで4対0とし、試合を有利に運ぶ原動力に。周囲は記録で大騒ぎだったが、勝利を呼び込む見事な本塁打でもあった。

 今回の受賞に関して、山田久志選考委員は「チームの勝利を手繰り寄せる素晴らしい本塁打。新記録樹立も素晴らしいが、その魂のスイングにも圧倒される」と称えました。

 第11回ジョージア魂賞(9月上期)は、候補6プレーに対して9月29日(日)から10月16日(水)までの間、ファンの方々に投票していただきました。その結果、総投票数36,364票中、最も多い13,288票を獲得した、バレンティン選手(東京ヤクルトスワローズ)のプレーに決定いたしました。

 受賞選手には、ジョージア魂賞のトロフィーとともに、副賞としてジョージア製品1年分(12ケース)と賞金30万円が贈られます。