• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2013年 表彰選手

2013年6月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

6月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

6月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

ウラディミール・バレンティン
ウラディミール・バレンティン (東京ヤクルトスワローズ)【3度目】
[成績]  試合 17  本塁打 11  打点 21  打率 .377

投手賞

能見 篤史
能見 篤史 (阪神タイガース)【4度目】
[成績]  試合 4  3勝1敗0S  防御率 1.05  完投 3  完封勝 1

 打者部門は、東京ヤクルト・ウラディミール・バレンティン選手が“月間三冠王”の抜群の成績で、文句なしの受賞となりました。 バレンティン選手は、2011年の来日から3年連続での受賞となり、昨年3、4月度以来の受賞となります。
 6月度は出場17試合中13試合で安打を放ち、8試合でマルチ安打(うち猛打賞2回)を記録、セ・パ両リーグを通じて唯一、月間2桁本塁打(11本)を放ちました。 今シーズンは怪我により開幕に間に合わず、開幕から13試合目の4月12日(金)対巨人1回戦が初出場となりました。 それ以降はコンスタントに打ち続け、特に本塁打は1試合複数本塁打=5試合、4試合連続=1回、3試合連続=2回などの活躍で量産し、開幕から本塁打の話題を独占した横浜DeNA・トニ・ブランコ選手に追い付きました。 チームの3年連続でのクライマックス・シリーズ進出はバレンティン選手の活躍が絶対条件です。

 投手部門は、阪神タイガース・能見篤史投手が5月度の受賞に続き、2カ月連続4度目の受賞となりました。 阪神選手の2カ月連続受賞は2011年6月、7月度受賞のジェイソン・スタンリッジ投手以来です。
 6月度は、1日(土)対オリックス4回戦(京セラドーム)を完封勝利で最高のスタートを切ると、3試合連続での完投を記録しました(成績は2勝1敗)。 4試合連続完投がかかった25日(火)対中日7回戦(富山)では不運にも8回1死から打球を足に受け、無念の降板となりましたが1失点で勝利し、月間3勝1敗、防御率1.05の安定した投球内容を披露しました。 投手の分業制が当たり前の近代野球において、今シーズンの能見投手はすでに昨年を上回る完投5を記録し、自身が2011年に記録したキャリアハイに並んでいます。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
バレンティン (ヤ) 17 61 23 11 21 0 .377
松山 竜平 (広) 20 65 23 2 11 0 .354
マートン (神) 17 62 21 3 15 2 .339
クラーク (中) 18 51 17 5 12 0 .333
阿部 慎之助 (巨) 19 68 21 7 19 0 .309
月間個人投手成績
選手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗戦 奪三振 投球回 自責点 防御率
澤村 拓一 (巨) 4 2 1 2 1 0 0 28 31.2 2 0.57
能見 篤史 (神) 4 3 1 3 1 0 0 22 34.1 4 1.05
杉内 俊哉 (巨) 4 0 0 3 1 0 0 20 24 5 1.88
三浦 大輔 (ディ) 4 2 1 3 1 0 0 20 33.1 8 2.16
小川 泰弘 (ヤ) 5 1 1 3 1 0 0 17 36 10 2.50

◎バレンティン選手の表彰式は、7月12日(金)東京ヤクルト-広島戦(神宮)の試合前に行われる予定です。
能見篤史投手の表彰式は、現在未定です。

◎各選手には、
 ☆セントラル野球連盟より記念楯
 ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィーが贈られます。