• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2014年 表彰選手

2014年度 第9回ジョージア魂賞(8月上期) 受賞プレー

第9回ノミネートプレー

 ファンを元気づけた魂あふれるベストプレーに贈られる、第9回ジョージア魂賞(8月上期)の受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。

第9回ジョージア魂賞(8月上期)

岡田 幸文
岡田 幸文 (千葉ロッテマリーンズ)
「勝利を導いた好守備連発」
受賞プレー

8月10日(日) 千葉ロッテマリーンズ 対 埼玉西武ライオンズ

 「守備だけは誰にも負けたくない」――。守ることに関して強烈な自負を持つ男、千葉ロッテのセンター・岡田幸文が強風のQVCマリンで好守備を連発した。3回一死から炭谷の鋭い打球が頭上を襲ったが、背走しながら見事にジャンピングキャッチ。さらに続く熊代の当たりは左中間へ。しかし、これも快足を飛ばしながらスライディングキャッチを決めた。「何年やっても慣れない」とQVCマリンの風に苦しむが、職人技の守備でそれを感じさせない。岡田の存在はチームに欠かせない。

 今回の受賞に関して、ナビゲーターの渡部建さん(アンジャッシュ)は「本当に見応えのあるプレーですよね。投手にとって、ヒットと思った打球がアウトになるんですから。チームに勢いもつくでしょうし、流れを変えることのできる守備ですね」と称えました。

 また、投稿いただいたファンの皆様からは以下のようなコメントが届いています。
「西武戦での3回のセンター岡田選手の2連続のスーパープレー」

 第9回ジョージア魂賞(8月上期)は、8月8日(金)~8月21日(木)に開催された公式戦の中から選出された6つのノミネートプレーのうち、9月1日(月)~9月10日(水)の投票期間で、総投票数5,955票中、最も多い1,307票を獲得した岡田幸文選手のプレーに決定しました。

 受賞選手には、ジョージア魂賞のトロフィーとともに、副賞としてジョージア製品1年分(12ケース)と賞金30万円が贈られます。