• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2015年 表彰選手

2015年9月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

9月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

投手部門

石川 雅規
石川 雅規 投手 (東京ヤクルトスワローズ)【3度目】
[成績] 5試合 5勝0敗 投球回29.2 防御率1.21 完封0 奪三振13 自責点4

 投手部門は、今シーズンのセ・リーグにおいて唯一月間5勝を挙げた東京ヤクルトスワローズ・石川雅規投手が3度目の受賞となりました。
 9月度は5度の先発登板全てで5回以上を投げ1失点以下に抑える安定した投球内容で、14年ぶりの優勝に向けて大事な勝負どころとなった9月の月間首位(13勝6敗1分)に大きく貢献しました。
 特に9月27日(日)対巨人第24回戦(東京ドーム)では、勝てば優勝マジック3が点灯、敗れれば2位の巨人にゲーム差無しに迫られるという状況に、今季2度目となる中4日の先発登板で臨み、5回を1失点に抑え、自ら先制のタイムリーを放つ投打の大活躍で優勝を大きく引き寄せました。
 東京ヤクルトからの投手の受賞は、今年7月度のT.バーネット投手以来となります。

打者部門

山田 哲人
山田 哲人 内野手(東京ヤクルトスワローズ)【4度目】
[成績] 20試合 打率.347 25安打 4本塁打 13打点 8盗塁

 打者部門は、東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手が7、8月に続き3カ月連続の受賞となりました。
 山田選手は9月度全試合に3番で出場し、打率(.347)、盗塁(8)でリーグトップを記録し、まさに主軸打者の活躍で月間首位(13勝6敗1分)のチームを牽引しました。
 9月6日(日)対広島東洋第21回戦(神宮)において今季30個目となる盗塁を成功させ、2002年の西武・松井稼頭央選手以来(セ・リーグでは2000年の広島東洋・金本知憲選手以来)となるトリプルスリーをほぼ確実にし、山田選手は“リーグの顔”になったと言っても過言ではないでしょう。
 セ・リーグでの3カ月連続受賞は、2007年7月~9月度に受賞したA.ラミレス選手(東京ヤクルト)以来、史上2人目の快挙です。
※東京ヤクルトからの投手・打者両部門のダブル受賞は、今年7月度のT.バーネット投手、山田哲人選手以来となります。

■表彰式日時
石川投手、山田選手とも未定。

■賞品
・セントラル野球連盟より記念盾
・日本生命保険相互会社より賞金30万円とトロフィー