• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2014年 環境貢献活動

「“Big Share Baseball” キャンペーン」について

 一般社団法人日本野球機構では、環境省が推進する温室効果ガスの削減のための施策の一環として、「グリーンベースボールプロジェクト(以下、GBP)」を2008年より展開する等、様々な温暖化防止活動に取り組んでまいりました。

 本年3月26日、環境省では気候変動問題をテーマとし、豊かな低炭素社会の実現を目指す新たなキャンペーン「Fun to Share」が立ち上がりました。これは、目標に向けガマンしながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しみながら、低炭素社会を作ろうというものです。

 環境省は、2005年から国民のライフスタイルに踏み込んだCO2削減のための取り組み「クールビズ」を、2012年からは、ひとり1台のエアコンを止め、公共的施設やお店などに集まり、涼しく過ごせる場所を家族や地域で共有しながら節電につなげる「クールシェア」を呼びかけており、これらも「Fun to Share」の一環として今年も実施しております。

 日本野球機構はこれに賛同し、例年通りGBPの一環として、グリーンリストバンドの売上金の一部を、森林再生を目的とした「プロ野球の森」の設置のために活用いたします。また、これまでは、9回で終了した試合の平均試合時間が3時間を越えた場合、その超過分をカーボンオフセットしてまいりましたが、それに代り、環境省と連動して下記の通り、ファンへの「クールシェア」の認知拡大プロモーション施策を実施したいと考えております。

“Big Share Baseball” キャンペーンの展開概要

 2014年8月1日~31日に開催されるレギュラーシーズンの期間を、球場での「楽しい時間」をみんなでシェアすることを目的に、12球団と連携のもと、環境省のクールシェアを推進していく「“Big Share Baseball” キャンペーン」を実施いたします。

施策内容

  • 上記期間中、12球団のフランチャイズ球場に、「“Big Share Baseball” キャンペーン」のポスターを掲出。
  • 上記期間中の来場者数に応じて算出した金額を、環境保護または改善活動のための支援金として活用。(例:緑の募金への寄付等)