• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

セ・パ公式戦

2019年度 パシフィック・リーグ 試合日程補足説明

球場名表記

「ほっと」=ほっともっとフィールド神戸
「東京D」=東京ドーム

開幕カード

北海道日本ハム-オリックス、千葉ロッテ-東北楽天、福岡ソフトバンク-埼玉西武
2016年の上位3球団(北海道日本ハム、福岡ソフトバンク、千葉ロッテ)がホーム・チームとなり、下位3球団(埼玉西武、東北楽天、オリックス)がビジターとなる。

試合数

パ・リーグ各球団の2019年度レギュラー・シーズン試合数は143試合。(リーグ内対戦は25回戦総当たりの125試合、セ・リーグ各球団との交流戦18試合)。
各球団の主催試合数は「リーグ内63または62試合 + 交流戦9試合」の計72または71試合。2019年は北海道日本ハム、埼玉西武、福岡ソフトバンクが72試合を主催する。(2020年は東北楽天、千葉ロッテ、オリックスが72試合を主催)。

2019年パ・リーグ対戦別主催数
  F L H E M Bs ホーム計
F - 12 12 13 13 13 63
L 13 - 13 12 12 13 63
H 13 12 - 13 13 12 63
E 12 13 12 - 12 13 62
M 12 13 12 13 - 12 62
Bs 12 12 13 12 13 - 62
ロード計 62 62 62 63 63 63 375

(2019年に13試合のカードは2020年は12試合、2019年に12試合のカードは2020年は13試合となる。)

専用球場以外の予定主催数

(変更の可能性あり。日程発表時の予定主催数。交流戦含む。)

年度 F E L M Bs H
2005 59 13 5 2 4 34 1
2006 58 11 7 3 0 34 3
2007 43 14 0 2 0 24 3
2008 46 13 1 4 0 24 4
2009 49 15 3 3 0 24 4
2010 48 14 4 5 0 22 3
2011 41 14 3 5 0 15 4
2012 45 14 6 5 0 15 5
2013 43 15 5 3 0 15 5
2014 38 15 5 3 0 15 0
2015 38 14 5 3 0 16 0
2016 44 12 5 4 0 17 6
2017 46 13 6 6 0 15 6
2018 45 15 4 5 0 14 7
2019 45 14 5 6 1 11 8