• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • セントラル・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

ファインジャッジ賞について

 一般社団法人日本野球機構は、今シーズン新設しました「ファインジャッジ賞」について、下記の4つの判定を選定しましたので、お知らせいたします。


津川審判員、本田審判員、熊﨑コミッショナー、牧田審判員、石山審判員

牧田 匡平 (まきた きょうへい 37歳)

・3月30日 横浜DeNA−読売2回戦(横浜スタジアム)
7回裏1死二、三塁、セカンドゴロで三塁走者が本塁へ突入し、完全なアウトのタイミングであったが、最適の位置でプレイをしっかり見極め、セーフと判定した。

本田 英志 (ほんだ ひでし 45歳)

・4月19日 横浜DeNA−広島東洋 4回戦(横浜スタジアム)
延長12回表1死満塁からのヒットで二塁走者が本塁へ突入。長時間に渡り、緊迫する試合展開であったが、集中力が途切れることなく、素晴らしい位置でセーフと判定した。

石山 智也 (いしやま ともや 37歳)

・5月17日 読売−横浜DeNA 7回戦(荘内銀行・日新製薬スタジアム やまがた)
6回表1死一、三塁、ファーストゴロで三塁走者が本塁突入。捕手のタッグを再三に渡りかいくぐり本塁セーフになった。あわてず最後までプレイを見極めて判定した。

津川 力 (つがわ ちから 43歳)

・9月2日 千葉ロッテ−埼玉西武 20回戦(QVCマリンフィールド)
延長12回表無死一、二塁の時のショートライナーを遊撃手が故意落球。非常にプレッシャーのかかる場面であったが、間髪入れず勇気を持って故意落球と判定し、監督への説明、場内放送もすべて一人で処置した素晴らしい対応であった。