• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPBからのお知らせ

運営・制度/選手関係

倫理行動宣言

 プロ野球が70周年を迎えた2004年は、変革を求める「ウェィクアップ・コール」が球場に響いた年であった。 私たちはファンの声を受けて、2005年を球界の改革元年と位置づけ、構造改革へと踏み出すことを約束した。
 再出発にあたり、私たち野球人は、フェアプレーとスポーツマンシップに立ち返ることから始めたい。それがプロ野球に対する国民の信頼を確保し、ユニフォームの栄光を汚さぬ唯一の道であるからだ。
 そうした決意のもと、私たちは日本プロフェッショナル野球協約、諸規則とその精神を守ることを改めて誓う。とりわけ、新人選手獲得活動については、二度と国民の不信を招くことのないよう、自らを厳しく律したい。そのために12球団で次のような倫理行動を申し合わせ、これを遵守することを宣言する。

  • 新人選手獲得活動において、利益供与は一切行わない。
  • 選手獲得に際して、日本学生野球憲章の趣旨を尊重し、これに違背することがないように行動する。
  • この宣言に反する疑いがある場合は、プロ野球実行委員会に調査委員会を設置するなどして事実関係の調査を行うこととし、各球団はこれに誠実に対応する。
  • これらの申し合わせに反した場合には、コミッショナーの定めるいかなる制裁にも服する。

2005年6月20日

株式会社読売巨人軍
株式会社ヤクルト球団
株式会社横浜ベイスターズ
株式会社中日ドラゴンズ
株式会社阪神タイガース
株式会社広島東洋カープ
株式会社北海道日本ハムファイターズ
株式会社楽天野球団
株式会社西武ライオンズ
株式会社千葉ロッテマリーンズ
オリックス野球クラブ株式会社
福岡ソフトバンクホークス株式会社