• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • セントラル・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPBからのお知らせ

記録/ルール

グラウンドでの親睦的態度禁止の徹底について

日本プロフェッショナル野球組織
実行委員会

 日本プロフェッショナル野球組織・実行委員会は、3月1日開催の同委員会に於いて、監督、コーチ、選手並びに審判員に対し、「グラウンド上でユニフォーム着用者が、相手チームのプレーヤーと親睦的態度をとること」を禁じる野球規則3.09を厳格に適用、徹底することを改めて決議、確認しました。

 野球規則3.09は「ユニフォーム着用者は、次のことが禁じられる」とし、

  • (1)プレーヤーが、試合前、試合中、または試合終了後を問わず、観衆に話しかけたり、席を同じくしたり、スタンドに座ること。
  • (2)監督、コーチまたはプレーヤーが、試合前、試合中を問わず、いかなるときでも観衆に話しかけたり、または相手チームのプレーヤーと親睦的態度をとること。

と規定しています。

また、野球規則細則「審判員のとるべき措置・7」は、「私語談笑の禁止」として、次のように規定しています。
プレーヤーが相手チームのプレーヤーや観客と試合中または試合前に親睦的態度をとったり、私語談笑することは、野球規則によって禁じられているが、審判員は特に注意を払わなければならない。 なお、審判員もこのような行為があれば、あらぬ疑いを生む恐れがあるから厳に慎まなければならない。

<いずれも原文のまま>

一方、セ・リーグでは、セ・リーグ・アグリーメント第42条(7)で上記と同様の規定をし、パ・リーグでは、以前にも同趣旨の連盟会長通達が出され、加えて、パ・リーグ・アグリーメントには、監督会議申し合わせ事項の中に同様の規定がなされています。
 プロ野球は、多くの注目の中で、ペナントレースを戦っています。更なる、絶大なファンの支持を得るためにも、あらぬ疑惑を招くようなことがあってはなりません。 監督、コーチ、選手はもちろん、審判員も野球規則3.09、野球規則細則・審判員の取るべき措置を徹底するよう通達します

  • <野球規則3.09 取り扱い具体例>
  • ・開門して観客が座席に座った後は、相手チームの選手との私語談笑を禁止する
  • ・出塁した際の塁上など、試合中のグラウンド上での私語談笑を禁止する

以上