• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • セントラル・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPBからのお知らせ

プロ野球統一試合球

統一球の仕様調整について加藤良三コミッショナーの会見要旨

 2013年シーズン開幕以来、「ボールが飛ぶようになった」というご指摘を受けておりました。 私も含め、NPB内からは「ボールの変更はない」とご説明させて頂いておりましたが、実際には事務局内部の意思疎通を欠いていたことなどもあり、ボールの芯を取り巻くゴムの成分に変更があったことが判明いたしました。

 この点につきまして、これまでの説明と食い違う形になり、野球ファンをはじめ、選手の皆様、球団の皆様、関係各位に対し、心からお詫び申し上げます。

 統一球は「すべての球場で同じボールを使用する」ことや、「国際試合にも対応する」などの理由から、2011年に導入し、2年間の実績を踏まえ、常に検証を続けて参りました。 その中で、基準値の下限を下回る数値が見受けられたこともあり、基準値内に収めるべく、2013年の使用球について、ミズノ様に対しては調整をお願いしていた事実が判明しました。

 本来であれば、ボールの芯を変更するなどなんらかの変更を行ったのであれば、隠すことではまったくなく、当然公表すべきでした。
私が事実を隠ぺいしてきたことはまったくありません。
結果として今回のような混乱を招きましたことを改めてお詫び申し上げます。

 今後の対応につきましては、

  • 反発係数の数値をはじめ、ボールに関する情報につきましては、関係各所にも了解を頂きました上で、できるだけ透明化するように努めてまいります。
  • 現在も進めておりますが、事務局内のガバナンス強化を図る。

-といったこの2点を、早急に実践して参りたいと思います。