• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPBからのお知らせ

野球振興

宮崎市で教員のための「ベースボール型」授業研究会を開催

 6月7日、宮崎県・KIRISHIMA木の花ドームにおいて小学校教員のための「ベースボール型」授業研究会(主催:宮崎県教育委員会、共催:一般社団法人日本野球機構(NPB)、公益財団法人日本ソフトボール協会)が開催されました。

 本研究会には宮崎県内から小学校・特別支援学校教員24名が参加し、体育学習を効果的に展開するために「ベースボール型」授業の進め方について理解を深め、充実した授業を行ってもらうことを目的として行われました。当日は出口雄大氏(ホークスジュニアアカデミーコーチ)、水上佳奈子氏(ジャイアンツアカデミーコーチ)、宮田諒氏(九州ベースボールアカデミー宮崎校コーチ)が講師を務めたほか、公益財団法人日本ソフトボール協会からもコーチを派遣いただきました。なお、NPBと日本ソフトボール協会の共催による授業研究会の実施は今回が初めてとなります。

 研修では「捕る」、「打つ」の基本動作について小学生らにわかりやすい言葉を用いた指導方法のほか、「投げる」においては児童と正対した際には左投げの動作を行うことで「鏡の動き」で指導できるなど、実際の教育現場で役立つ具体的なアドバイスが講師から数多く伝えられました。また、午後のゲーム形式の授業の進め方では、ルールの解説、声かけ、安全管理、運動量確保のための工夫の仕方など、教員が自ら実際に体験することで、楽しみながら授業のポイントを学び、理解を深めました。

 閉講の際には講師から「ベースボール型授業は難しくないということを実感していただき、体を動かすことの楽しさや、友達と協力することの素晴らしさを伝え、子どもたちの心の成長のサポートの一助としていただきたい」といった話がありました。参加者からは「今日の講習会で勉強したことをぜひ実践したい。『相手を思いやる気持ちで』という言葉が印象的だった」、「とても楽しく勉強できた。教師が楽しめると、子どもたちはもっと楽しいと思う」といった好意的な感想が寄せられました。

 NPBでは今後もプロ野球12球団とアマチュア球界、日本ソフトボール協会など関係機関が一体となって、授業研究会をはじめとした野球普及・振興活動を全国で展開して参ります。