• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPBアンチ・ドーピングガイド2019

リッキー・ガトームソン投手のアンチ・ドーピング規則違反に対する制裁の通知

2007年8月10日

  • 福岡ソフトバンクホークス株式会社
  • 代表取締役社長 笠井和彦 殿
  • 福岡ソフトバンクホークス球団
  • リッキー・ガトームソン 殿
  • 日本プロフェッショナル野球組織
  • アンチ・ドーピング特別委員会
  • 委員長 根來泰周
福岡ソフトバンクホークス球団所属リッキー・ガトームソン投手の
アンチ・ドーピング規則違反に対する制裁の通知
第1 制裁の内容

福岡ソフトバンクホークス株式会社に対し、制裁金750万円を科する。
リッキー・ガトームソン投手に対し、2007年8月10日から20日間の出場停止処分を科する。

第2 事実と理由

リッキー・ガトームソン投手は2007年7月13日の対千葉ロッテ戦(千葉マリンスタジアム)において、 他の3選手とともにNPB(日本プロフェッショナル野球組織)ドーピング検査実施要項によって、検査対象選手となった。

試合終了後、4人の選手はNPB医事委員会の委員長でもある増島篤医師による検査に応じ、 ガトームソン投手には福岡ソフトバンクホークス球団から通訳が同席した。

4選手の検体は手続きに則って、同年7月17日、財団法人日本アンチ・ドーピング機構公認検査機関である三菱化学メディエンス株式会社に持ち込まれた。 その結果、検体番号145204のA検体から、隠蔽薬として禁止物質に指定されているフィナステリド(finasteride)が検出された、との検査結果報告書が、 同年7月31日付けで、NPB医事委員会に提出された。 検体番号を調べたところ、ガトームソン投手の検体であることがわかった。

NPB医事委員会は同年8月3日開かれたNPBアンチ・ドーピング特別委員会に検査結果を報告、 特別委員会委員である長谷川一雄NPBコミッショナー事務局長が翌4日、福岡ソフトバンクホークス球団の角田雅司球団代表に検査結果を通知することを決めた。

長谷川事務局長は4日、福岡ソフトバンクホークス球団の遠征先である仙台市内のホテルで角田代表と面会、ガトームソン投手の検体からフィナステリドが検出されたことを伝えた。 この物質は飲む発毛剤に含まれるものであることも説明した。

角田代表はただちにガトームソン投手に検査結果を伝えた。ガトームソン投手は、検査の際に同席した球団通訳を伴って、 角田代表同席のもと、長谷川事務局長と面会した。 その際、ガトームソン投手は毎日服用しているという発毛剤を容器とともに持参した。 長谷川事務局長が、ガトームソン投手の検体からフィナステリドが検出されたこと、今回はA検体の分析であるが、B検体も分析してもらうかどうかを聞いたところ、 ガトームソン投手は以下のような説明をした。

  1. (1)米国の医師の処方によって、2年近く前から飲む発毛剤としてフィナステリドを服用している。
  2. (2)毎回4分の1錠ずつ服用している。
  3. (3)今春のキャンプで、服用している薬などのリストを出すように言われ、球団のトレーナーにフィナステリドを服用していることを申告した。
  4. (4)7月13日の検査の時に、過去3日間に摂取した薬物はないか、と聞かれたが、発毛剤は問題ないと思っていたので、書類の記載欄には自分で「NONE」と書いた。
  5. (5)禁止されているのなら今後は飲まないので、持ってきている薬は提出する。福岡市の自宅には、まだ薬は残っている。
  6. (6)B検体は検査する必要はない。

2日後の8月6日、ガトームソン投手は、検査に立ち会った通訳、角田代表とともに増島医事委員長、長谷川事務局長と東京都内のホテルで面会、改めて事情説明をした。 その内容は、8月4日に仙台市のホテルで長谷川事務局長に説明したことと同じだった。

こうした経緯を踏まえ、NPBアンチ・ドーピング特別委員会は

  1. (1)ガトームソン投手は飲む発毛剤フィナステリドを米国の医師の処方によって毎日一定量服用していた。
  2. (2)ガトームソン投手はフィナステリドがドーピング禁止物質であることを知らなかった、と述べている。
  3. (3)ガトームソン投手は2007年2月のキャンプ中に球団トレーナーの求めに応じてフィナステリドを服用していることを申告していた。
  4. (4)球団はフィナステリド服用について、少なくともNPB医事委員会に照会すべきであったが、しなかった。
  5. (5)ガトームソン投手は検査の際、過去3日間に摂取した薬物はないか、と問われ、フィナステリドを毎日服用しているにもかかわらず、ドーピング・コントロール公式記録書に自ら「NONE」と記載、コメント欄に自ら「No Comment」と記載、署名した。

―― という事実を総合的に判断し、8月9日の委員会において、頭書の制裁を決めた。

以上