• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPBアンチ・ドーピングガイド2019

サビエル・バティスタ選手のアンチ・ドーピング規程違反に対する制裁について

2019年9月3日

  • NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会
  • 委員長 斉藤 惇
広島東洋カープ所属 サビエル・バティスタ選手
アンチ・ドーピング規程違反に対する制裁について
1. 制裁の内容

サビエル・バティスタ選手に対し、2019年9月3日から2020年3月2日まで、6か月間の出場停止処分を科する。

2. アンチ・ドーピング規程違反の内容

バティスタ選手は2019年6月7日(金)に開催された公式戦(マツダスタジアム)にて行われた競技会ドーピング検査の対象選手となり、同選手の尿検体が採取された。

7月24日(水)に分析機関より、clomifene(クロミフェン)とその代謝物であるhydroxyclomifene(ヒドロキシクロミフェン)の検出報告があり、バティスタ選手の検体であることを確認した。検出された物質はWADA禁止表国際基準の禁止物質「S4.ホルモン調節薬および代謝調節薬」で指定されている。

7月26日(金)に球団関係者立会いの下、バティスタ選手本人と面会し、事情説明の機会を設けた。同選手は意図的な摂取はないと述べた。また、今回の検査の正当性に異議がないことを確認した。

8月16日(金)に本人希望によりB検体の分析を実施し、A検体と同じ物質が検出されたことが報告された。

8月21日(水)バティスタ選手による弁明の機会が設けられた。改めて同選手は意図的な摂取はないことを述べ、今回の検査の正当性に異議がないことを確認した。

上記の経過を経て、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会を開き、制裁の内容を決定した。

本日、球団を通じて本人に通告した。

以上