• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2017年 表彰選手

2017年6月度「スカパー!サヨナラ賞」受賞選手

 セントラル、パシフィック両リーグが制定する月間「スカパー!サヨナラ賞」(協賛:スカパーJSAT株式会社)の6月度受賞選手が決定いたしました。

 受賞選手には、スカパーJSAT株式会社よりトロフィーと賞金30万円が贈られます。

セントラル・リーグ受賞選手
亀井 善行(読売ジャイアンツ)
【初受賞】

 亀井選手は、6月18日(日)東京ドームで行われた対千葉ロッテマリーンズ3回戦、4対5で迎えた延長12回裏、一死一、二塁の場面で右翼席へ劇的な逆転サヨナラ3点本塁打を放ちました。
 この試合、負けると球団初の交流戦最下位が決まる巨人は、2回に阿部選手が先制点となる本塁打を放つと、続く3回にも追加点をあげました。さらに4回には、阿部選手が2打席連続となる本塁打を放ち、リードを広げました。しかし、千葉ロッテは5回に犠飛で1点を返すと、8回には2点本塁打で試合を振り出しに戻します。亀井選手は、8回と10回に前を打つマギー選手が敬遠をされ打席に立ちますが、凡打と三振に終わります。12回表に勝ち越しを許して迎えたその裏、この日3度目となるマギー選手の敬遠後の打席を迎えた亀井選手は、1ボール1ストライクからの3球目を見事に右翼席へ運び、劇的なサヨナラ勝ちを呼び込みました。3度目の勝負で決着をつけた亀井選手の目には涙が溢れ、高橋監督の監督通算100勝目に花を添える一発となりました。

パシフィック・リーグ受賞選手
福田 秀平(福岡ソフトバンクホークス)
【初受賞】

 福田選手は、6月25日(日)福岡 ヤフオク!ドームで行われた対埼玉西武ライオンズ12回戦、5対6で迎えた9回裏、二死一塁の場面で右翼席へ劇的な逆転サヨナラ2点本塁打を放ちました。
 この試合は初回に福岡ソフトバンクが1点を先制したものの、埼玉西武が3回に同点に追いつき、4回に4点をあげ勝ち越し。勝利を諦めない福岡ソフトバンクは、6回に長谷川選手の2点本塁打、7回に髙田選手の適時打で1点差に迫りました。8回に埼玉西武が再びリードを2点に広げるものの、その裏に髙田選手が2打席連続の適時打を放ち再び1点差とし迎えた9回は、一死から柳田選手が内野安打で出塁。二死後、8回に代走から途中出場の福田選手が迎えたこの日の初打席で、2ボール1ストライクからの4球目を見事に打ち返す逆転サヨナラ本塁打を放ち、チームに劇的なサヨナラ勝利をもたらしました。逆転サヨナラ本塁打は今シーズンのパ・リーグでは初、福田選手にとってもサヨナラ打はプロ11年目で初となりました。