• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017

ゲームレポート

両軍譲らずスコアレスドロー 安打は「4」ずつと投手陣の力投光る

7月13日、静岡・草薙球場で開催されたフレッシュ球宴。イースタンは今井達也(西武)、ウエスタンは小野泰己(阪神)と、ルーキー同士の投げ合いで試合は始まった。雨の影響で制球が定まらず四球を出した今井に対し、小野は走者を許さぬ好投を見せる。イースタンは2回から藤平尚真(楽天)が登板。すでに一軍先発経験がある新人右腕は堂々たる投球で2三振を奪った。2回裏にはイースタンの佐野恵太(DeNA)が加藤拓也(広島)から二塁打。しかし、後続が倒れて得点を奪えない。

ウエスタンは3回表に近藤弘基(中日)が初安打をマークしたが盗塁死。しかし、続く曽根海成(ソフトバンク)が右翼線二塁打、大山悠輔(阪神)が四球を選ぶなどして一死一、三塁と攻め立てたが、チャンスを生かせず無得点に終わる。3回裏、ウエスタンは丸山泰資(中日)が地元・静岡出身の堀内謙伍(楽天)に安打を許すも、落ち着いて後続を抑える。続く4回も両チーム無得点と投手が踏ん張りを見せた。

5回表、ウエスタンの曽根がこの日2本目となる二塁打を放ちチャンスメークするも、得点にはつながらない。その後も両軍の投手が奮闘を見せ、スコアボードにはゼロが並んでいく。ウエスタンは6回以降、無安打と打線が沈黙していたが、9回表に桒原樹(広島)が左越え二塁打で先制のチャンスを作る。続く宗佑磨(オリックス)はいい当たりながらレフトライナー。メヒア(広島)、九鬼隆平(ソフトバンク)は連続三振に倒れ、得点はならなかった。

9回裏、マウンドに上がったのは回またぎの古谷優人(ソフトバンク)。ルーキー左腕は落ち着いた投球を見せ、一ゴロ、見逃し三振、空振り三振でゲームセット。試合は0対0のスコアレスドロー。両軍無得点に終わるのは53回目にして初の出来事だった。

最優秀賞選手には曽根、優秀選手には藤平、古谷が選ばれた。2回に登板して2三振を奪った藤平は「3者連続三振を狙ったんですけど、あと一歩でできなかった。今度はオールスターのほうで狙いたい」と高らかに宣言。2本の二塁打が評価された曽根は「2本打てたのはたまたまだけどうれしい。2本目は欲を出してホームランを狙ったけど、変化球が来たのでダメでした」と苦笑いを浮かべた。

試合途中からは雨も上がり、心地よい夜風が吹いていた。球界の金の卵たちが見せるハッスルプレーに、静岡に集った各球団のファンは大きな声援を送り、年に一度の祭典を満喫していた。

プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017

2017年7月13日(木)
静岡 ◇開始 18:12 (2時間10分) ◇入場者 10,072

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
ウエスタン・リーグ選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
イースタン・リーグ選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
バッテリー
[ウ] 小野(T)、加藤(C)、丸山(D)、笠原(D)、小澤(H)、福永(T)、吉田凌(Bs)、古谷(H) - 栗原(H)、長坂(T)、坂倉(C)、九鬼(H)
[イ] 今井(L)、藤平(E)、梅野(S)、京山(DB)、成田(M)、高橋(S)、吉田(F)、酒居(M)、畠(G) - 堀内(E)、宗接(M)