• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

日本生命セ・パ交流戦 2018

表彰選手

 本年度「日本生命セ・パ交流戦」の最優秀選手賞(MVP)および日本生命賞の受賞選手が決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。なお、受賞選手には日本生命保険相互会社から賞金が贈られます。

最優秀選手賞(MVP)(賞金200万円)
成績: 18試合 打率.397(3位) 27安打(3位タイ) 3本塁打 10打点 出塁率.447(8位) 得点圏打率.500(1位タイ)
選考理由: 日本生命セ・パ交流戦期間中、3番打者として9試合、4番打者として9試合に先発出場した。18試合中16試合で安打を放ち(先制打3本、同点打2本、勝越し打1本を含む)、全試合で出塁した。
チームを日本生命セ・パ交流戦の勝率2位、勝越しリーグの勝率1位球団に導く活躍を見せた。
日本生命賞(パ・リーグ)(賞金100万円)
成績: 4試合 4勝0敗(勝利数1位) 防御率1.01(3位) 投球回26.2回 奪三振数11 自責点3
選考理由: 日本生命セ・パ交流戦期間中、4試合に先発登板し、唯一の4勝(無敗)をマーク。防御率は3位、投球回は2番目に多かった。チーム2年ぶりの交流戦勝ち越しに貢献した。
日本生命賞(セ・リーグ)(賞金100万円)
成績: 10試合 1勝0敗7セーブ(2位タイ) 防御率0.00 投球回9.2回 奪三振数10 自責点0
選考理由: シーズン途中から守護神に定着し、日本生命セ・パ交流戦期間中、10試合連続無失点の防御率0.00。リーグトップの7セーブを挙げ、チームを初の日本生命セ・パ交流戦最高勝率球団に導く活躍を見せた。

※最優秀選手賞(MVP)は、勝越しリーグの勝率第1位球団から1名を選出。
※日本生命賞はセ・パ両リーグの選手の中から1名ずつ選出。