• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

ファインジャッジ賞 受賞について

 一般社団法人日本野球機構は、2017年シーズンの「ファインジャッジ賞」について、下記の4つの判定を選定しましたので、お知らせいたします。

 ファインジャッジ賞は、審判員の技術の向上を目的に、優れた判定をたたえ、表彰する制度です。


西本審判員、市川審判員、杉永審判員、名幸審判員

西本 欣司(にしもと きんじ)51歳

6月6日 東北楽天-横浜DeNA 1回戦 (山形)
6回表一死一塁、スコア1-9の時に一塁走者梶谷隆幸(横浜DeNA)が盗塁。その後、8回表の梶谷の打席の時、体に近い投球が続いたため、危険な投球と判断し、両チ―ムに警告を与え、トラブルを未然に防いだ。

市川 貴之(いちかわ たかゆき)36歳

6月25日 北海道日本ハム-東北楽天 10回戦(札幌ドーム)
7回表一死一塁、打者の手から離れたバットが、投手前の打球に当たり、間髪入れず守備妨害を宣告した。その後の処置、場内放送も的確であった。

杉永 政信(すぎなが まさのぶ)56歳

8月1日 広島東洋-阪神 15回戦(マツダスタジアム)
9回表一死一塁、一塁走者が二塁へ盗塁した際、三振でアウトになった打者が、二塁へ送球しようとした捕手の妨げとなったため、一塁走者にもアウトを宣告し試合が終了した。勇気あるジャッジを評価した。

名幸 一明(なこう かずあき)49歳

9月25日 福岡ソフトバンク-東北楽天 24回戦(ヤフオクドーム)
8回表無死一、二塁、ヒットで本塁へ突入した走者の手が、わずかにベースに触れたクロスプレイを最適な位置で見極めた。