• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2015

デイリーリポート

第4戦

東京ヤクルトの反撃及ばず 福岡ソフトバンクが逃げ切り日本一連覇へ王手!

 王手阻止へ、前夜に逆転勝ちを収めた東京ヤクルト。その勢いを止めたい福岡ソフトバンク。両者の意地がぶつかったSMBC日本シリーズ2015第4戦、先制点を奪ったのは福岡ソフトバンクだった。

 初回、東京ヤクルトの先発・館山昌平の立ち上がりを攻める。2四球を得て一死一、二塁の好機をつかむと、四番・李大浩が3球目のストレートを左前へ運ぶ適時打で1点を先制。3回には、先頭の福田秀平が二塁強襲の中前打、続く明石健志、柳田悠岐が連続四球を選び、無死満塁のチャンスをつくると、再び四番・李大浩が左中間を破る走者一掃の適時二塁打を放って3点を加点。さらに、二死一、二塁から今シリーズ初先発の八番・細川亨が三塁線を破る適時二塁打で、この回4点目を挙げた。6回にも細川が左中間スタンドへソロアーチをかけ、東京ヤクルトから6点を奪取。四球を得点に結び付けるなど、効率良く得点を奪った。

 追う東京ヤクルトは、4回は無死一、三塁から八番・中村悠平の二ゴロの間に1点を返すと、6回にはバレンティンが右前へ安打を放ち、今浪隆博の四球、中村の中前打で無死満塁と得点機をつくる。福岡ソフトバンクの先発、攝津正をマウンドから下ろすと、二番手・森唯斗に対し、一死後に上田剛史が左翼線へ2点適時二塁打、川端慎吾の遊ゴロで3点を奪取。4対6とし、2点差に詰め寄った。

 しかし、森-千賀滉大の福岡ソフトバンク救援陣の前に7、8回は安打が出ず。最終回は守護神・サファテに対して川端の三塁内野安打、畠山和洋の四球と二死一、二塁と攻め立てたが、最後は雄平が空振り三振に倒れ、反撃はここまで。福岡ソフトバンクが逃げ切り、日本一連覇に王手をかけた。

 福岡ソフトバンクは四番・李大浩が3安打4打点。今シリーズ初めて打席に立った細川も2安打2打点と活躍。試合後、工藤公康監督も「欲しいところで細川君が打ってくれた。価値ある1点だと思います。(李大浩は)首が痛いなかよく打ってくれた。(李大浩の)ヒットで勇気づけられた。李大浩、様様です」と打のヒーロー2人を称えた。

 日本一まであと1勝としながらも「1つひとつの試合を大事に戦っていきたいと思います」と、気を引き締め直した工藤監督。29日に行われる第5戦。敵地・神宮で工藤監督が宙に舞うか――。福岡ソフトバンクが球団初となる日本一連覇へ突き進む。

SMBC日本シリーズ 第4戦

2015年10月28日(水)
神宮 ◇開始 18:20 (4時間6分) ◇入場者 31,288

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
福岡ソフトバンク 1 0 4 0 0 1 0 0 0 6 6 1
東京ヤクルト 0 0 0 1 0 3 0 0 0 4 9 1
バッテリー
[ソ] ○攝津(1-0)、森、千賀、(S)サファテ(1) - 細川
[ヤ] ●館山(0-1)、中澤、松岡、久古、秋吉、ロマン - 中村
本塁打
[ソ] 細川 1号(6回1点 松岡)