• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

第14回みやざきフェニックス・リーグ

秋季教育リーグの変遷

1990年 9月 イースタン・リーグ6球団による教育リーグを首都圏周辺、および房総にて開催。
1991年10月 初の黒潮リーグ(高知県)開催。ファーム10球団が参加。(米教育リーグG、T不参加)
1992、1993年は、11球団で黒潮リーグ開催。(米教育リーグT不参加)
1994年10月 12球団で黒潮リーグ開催。
1995年10月 12球団で黒潮リーグ開催。
1996年10月 ハイサイ沖縄リーグ開催で、高知・沖縄に分離。
(黒潮リーグ)L、T、H、G、M、S、Bu + 韓国1チーム
(ハイサイ沖縄リーグ)C、D、YB、F、BW + 韓国、台湾5チーム
1997、1998、1999年は、チームの入れ換えをしながら分離開催。
2000年10月 黒潮、ハイサイ沖縄リーグ開催。(結果的に最後の開催となり、それぞれのリーグは休止)
2001年10月 コスモス・リーグを関東で開催。(Bu、BWを除く10球団が参加)
2002年10月 コスモス・リーグを関東で開催。(D、BWを除く10球団が参加)プロ・アマ交流試合を組み込む。
2003年10月 コスモス・リーグを関東で開催。(イースタン・リーグ6球団で開催)プロ・アマ交流試合を組み込む。
よさこいリーグを高知で開催。(ウエスタン・リーグ6球団で開催)
2004年10月 宮崎市を中心としてフェニックス・リーグを開催。(イースタン・リーグ6球団)
よさこいリーグを高知で開催。(ウエスタン・リーグ6球団で開催)
2005年10月 1995年以来(10年ぶり)となる12球団による秋季教育リーグを開催。(フェニックス・リーグ)
2006年10月 NPB12球団に加えKBO(韓国)2球団も参加し、全14球団でフェニックス・リーグを開催。
2007年10月 NPB12球団、KBO1球団、四国アイランドリーグ選抜の全14チームでフェニックス・リーグを開催
2008年10月 NPB12球団、KBO1球団、四国・九州IL選抜の全14チームでフェニックス・リーグを開催。
2009年10月 NPB12球団+フューチャーズ、KBO2球団、四国・九州IL選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2010年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国・九州IL選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2011年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国ILplus選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2012年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国ILplus選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2013年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国ILplus選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2014年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国ILplus選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2015年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国ILplus選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2016年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国ILplus選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。
2017年10月 NPB12球団、KBO3球団、四国ILplus選抜の全16チームでフェニックス・リーグを開催。