• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

マツダオールスターゲーム2016

ゲームリポート(第2戦)

第2戦 2016年7月16日(土)横浜スタジアム

 夢の球宴「マツダオールスターゲーム2016」は16日、横浜スタジアムで第2戦が行われ、接戦の末、5-5で9回規定により引き分け、通算対戦成績はセ・リーグ78勝、パ・リーグ80勝、11引分となりました。

 セ・リーグの先発は石田健大(横浜DeNA)。2イニングを投げ3者連続三振を含む1安打無失点と好投し、本拠地のファンから大きな声援を受けました。2回裏、セ・リーグの4番・筒香嘉智(横浜DeNA)が、パ・リーグ先発で地元の出身校(横浜高)の先輩である涌井秀章(千葉ロッテ)から右翼席に弾丸ライナーで飛び込む先制弾を放つと、3連打後の無死満塁で、鈴木誠也(広島東洋)がセンターに犠牲フライを上げて追加点を挙げました。さらに3回、丸佳浩(広島東洋)が右翼席最上段に特大の一発を放ち、3-0とリードを広げました。

 パ・リーグは5回、5番DHに入った大谷翔平(北海道日本ハム)が、井納翔一(横浜DeNA)から左中間スタンドに豪快に叩き込んで反撃の口火を切ると、続くレアード(北海道日本ハム)の二塁打を挟み、浅村栄斗(埼玉西武)が右翼越えに本塁打を放ち同点としました。勢いに乗るパ・リーグは7回、ヒットで出塁した大谷を二塁に置いて、今宮健太(福岡ソフトバンク)の放った高く上がった内野飛球がヒットとなって勝ち越しに成功。

 しかしセ・リーグはその裏、鈴木が左翼線二塁打で出塁すると、代打・原口文仁(阪神)が左翼フェンス直撃のタイムリー二塁打を放って同点、さらに、大引啓次(東京ヤクルト)も中前に弾き返し、3連打で再び逆転となりました。粘るパ・リーグも8回、2死一、二塁のチャンスで大谷が田島慎二(中日)からライト前にタイムリーヒットを放ち、5-5の同点に追いつきました。
試合はこのまま両軍投手陣が踏ん張り、9回規定により引き分けました。

 最優秀選手賞(MVP)には一発を含むを3安打2打点の大谷が、敢闘選手賞には一時同点となる2ランを放った浅村、先制ホームランの筒香、2安打1打点全力プレーの鈴木(C)の3選手が選ばれました。
また、2試合を通じて、チャレンジ精神と個性溢れるプレーでファンに夢や希望を届けた選手に贈られる「Be a driver.賞」には、2試合連続本塁打で連日2安打を放った筒香が選ばれました。

マツダオールスターゲーム2016 第2戦

2016年7月16日(土)
横浜 ◇開始 18:35 (2時間32分) ◇入場者 26,760

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
パシフィック・リーグ 0 0 0 0 3 0 1 1 0 5 12 0
セントラル・リーグ 0 2 1 0 0 0 2 0 0 5 10 1
バッテリー
[パ] 涌井(M)、塚原(Bs)、益田(M)、牧田(L)、西野(M)、有原(F) - 田村(M)、炭谷(L)
[セ] 石田(DB)、岩貞(T)、井納(DB)、秋吉(S)、田島(D)、山﨑康(DB) - 戸柱(DB)、原口(T)
本塁打
[パ] 大谷(F)(5回ソロ 井納)、浅村(L)(5回2ラン 井納)
[セ] 筒香(DB)(2回ソロ 涌井)、丸(C)(3回ソロ 塚原)