• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

NPB12球団ジュニアトーナメント2018 supported by 日能研

開催概要

公式タイトル

NPB12球団ジュニアトーナメント2018 supported by 日能研

主催

一般社団法人日本野球機構、プロ野球12球団

特別協賛社

株式会社日能研

協賛

大塚製薬株式会社

運営協力

公益財団法人全日本軟式野球連盟

協力

ミズノ株式会社、ナガセケンコー株式会社

日程

12月27日(木) 開会式/大会1日目(グループリーグ6試合)
12月28日(金) 大会2日目(グループリーグ6試合)
12月29日(土) 大会最終日(決勝トーナメント/表彰式)

大会会場

札幌ドーム

一般入場

観戦無料

放送

J SPORTS 3(BS/CS/ケーブルテレビ)、J SPORTSオンデマンド

出場チーム

パシフィック・リーグ
北海道日本ハムファイターズジュニアチーム (立石尚行監督)
東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアチーム (牧野塁監督)
埼玉西武ライオンズジュニアチーム (星野智樹監督)
千葉ロッテマリーンズジュニアチーム (塀内久雄監督)
オリックス・バファローズジュニアチーム (塩崎真監督)
福岡ソフトバンクホークスジュニアチーム (新垣渚監督)
セントラル・リーグ
読売ジャイアンツジュニアチーム (加藤健監督)
東京ヤクルトスワローズジュニアチーム (度会博文監督)
横浜DeNAベイスターズジュニアチーム (加藤政義監督)
中日ドラゴンズジュニアチーム (湊川誠隆監督)
阪神タイガースジュニアチーム (八木裕監督)
広島東洋カープジュニアチーム (横山竜士監督)

12チーム (※パ、セ本拠地所在地順)

チーム編成

各球団が推薦および編成した小学校5、6年生のチーム

競技ルール

当該年度の「公認野球規則」および「(財)全日本軟式野球連盟競技者必携/学童野球に関する事項」による。ただし一部「大会特別規定」を適用する。

表彰

優勝チーム 優勝カップ(チーム)・ゴールドメダル(個人)
準優勝チーム シルバーメダル(個人)
3位チーム ブロンズメダル(2チーム・個人)

試合方式

  1. グループリーグは、3チーム単位で総当たり戦を行い、各グループの勝ち抜き4チームが決勝トーナメントに進出。
  2. グループ戦で準決勝に進出するチームの勝数が並んだ場合
    • グループ内3チームの勝率上位チーム
    • グループリーグにおける得失点差の大きいチーム
    • 監督による抽選
      • 審判員立会いのもと、グラウンド上で該当チーム監督による抽選
      • ジャンケンにより抽選順を決め、◯印と●印の記入された抽選用紙の入った封筒を抽選順に引き、◯印を抽選勝ちとする。
  3. 準決勝で引き分けになった場合
    • 特別延長戦を1イニング行う。無死満塁から表・裏で実施(バッターは前イニングからの継続打順)
    • 試合終了時の出場選手による抽選
      • 審判員立会いのもと、試合終了時点での出場選手9名による抽選。
      • 先攻・後攻順で、◯印と●印の記入された抽選用紙の入った封筒を抽選順に引き、◯印が多いチームを抽選勝ちとする。
  4. 決勝トーナメントは、3位決定戦を行わず、準決勝で負けた2チームを3位とする。