• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • セントラル・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

愛媛大学で「ベースボール型」授業研究会を開催

 12月15日、愛媛県松山市の国立大学法人・愛媛大学において「ベースボール型」授業研究会(主催:愛媛大学、共催:一般社団法人日本野球機構)を開催しました。

 今回の授業研究会は、将来、教員を目指している愛媛大学教育学部の共通教育科目の発展科目「スポーツと教育」を受講する2年生約110名を対象に行いました。大学での授業研究会は2015年7月の皇學館大学以来2度目で、授業内での開催は初めてとなります。

 東京ヤクルト・山部太氏、河端龍氏、ライオンズアカデミー・星野智樹氏、ジャイアンツアカデミー・水上佳奈子氏の4名が講師を務め、「投げる」「捕る」「打つ」等の基本動作を小学生に教えるに際しての段階的な指導方法などを紹介し、実際に体験してもらいました。さらには簡易化されたベースボール型のゲーム数種類を実践するなど、会場となった愛媛大学の体育館には学生たちの元気な声が響きました。

 今回の講習を通じ、学生の皆さんには「ベースボール型」ゲームの楽しさを体感していただきました。熱心に講師の言葉に耳を傾ける姿、ボールを上手く打つことができたときの喜びの表情は、大変印象的でした。将来、教壇に立ったときには、生徒たちに野球というスポーツが持つ面白さ、楽しさを広く伝えてもらえれば今回の授業研究会の開催目的が達せられたこととなります。

 また、研究会終了後には、視察した愛媛大学、愛媛県教育委員会、松山市教育委員会、松山市、プロ野球四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツの各団体関係者の方々と意見交換会を行い、今回の授業研究会についてや、これからの野球の普及・振興についてなど貴重なご意見、ご感想をいただきました。

 日本野球機構では、今後も小学校、中学校の教員の方のみなならず、「教員の卵」である学生の方をも対象にして「授業研究会」の開催を予定しています。