• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【コラム】華々しく幕を開けた「一」番を目指す戦い

 「生涯一捕手」として球史に名を残した野村克也氏は「一」にこだわっていたという。

 「『一』はすべての始まり。シーズン最初のヒット、ホームラン、打点。そこは早く〝1本〟が欲しかった。『一』を記録するまでは、常に不安を抱えていた」

 すべての選手が「ゼロ」から始まる新シーズン。最高のスタートを切ったのが巨人・阿部慎之助だ。3月31日、開幕の中日戦(東京ドーム)。初回、大野雄大の外角へ落ちるフォークに上体を崩されたが、下半身で粘り、最後は右手1本でとらえ右翼席へ2ラン。オープン戦で最下位に沈み、チームに漂っていた嫌な雰囲気を見事に振り払った一撃だった。

 阿部は翌日の同カードで逆転サヨナラ3ラン、3戦目も2安打1打点と開幕3連勝に貢献。「良かったね」と笑みをこぼしたが、四番が責任を果たせたのも主将・坂本勇人の存在があるからだ。開幕戦で2ランを放ち、守りでは4回無死一塁でフライを打ち上げ走らなかったビシエドの動きをよく見て、ワンバンド捕球してゲッツー。視野の広いプレーはチームにとって心強い。かつて阿部が行っていたチームを一つにする役割を、いまは坂本がしっかりとこなす。阿部が打席のみに専念できる状況は、巨人快進撃の予感の源となる。

 パ・リーグでも福岡ソフトバンクが開幕の千葉ロッテ戦(ヤフオクドーム)で3連勝を飾った。初戦は逆転勝ち、2戦目は先行逃げ切り、3戦目は先制し、逆転されても再逆転と強さが際立つ戦いぶり。中でもチームの勢いを加速させるビッグプレーが飛び出したのは2戦目の初回だ。無死一塁から右中間寄りの打球を中堅の柳田悠岐が思い切り突っ込みダイレクトキャッチ。すぐさま一塁へ送球して併殺を完成させた。7回無失点の先発・中田賢一は「ギータのおかげで乗っていけた」と感謝。4月1日には川﨑宗則が電撃復帰するなど、さらに層が厚くなったが、投打だけでなく、守備で〝勝てる〟のがその強みだ。

 東北楽天もオリックス相手に3連勝の好スタートを切り、そのほかにも北海道日本ハムの大谷翔平が埼玉西武との開幕カード(札幌ドーム)で2戦連続猛打賞、4月2日の横浜DeNA戦(神宮)では東京ヤクルトの鵜久森淳志が代打サヨナラ満塁弾、昨年のセ・リーグ覇者・広島も1日の阪神戦(マツダスタジアム)で今季初勝利をサヨナラで飾るなど盛り上がった開幕カード。「野球の夢。プロの誇り。」を見せ、「一」番を目指す戦いが華々しく幕を開けた。

 【文責:週刊ベースボール】