• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【記録員コラム】エッ!?こんな場所でもホームラン

 特設WEBサイトでも告知の通り、日本プロ野球通算10万号本塁打が間近となりました。そこで今回はホームランにまつわる話題を綴ってみたいと思います。

 記念の第1号は、プロ野球誕生から12試合目の1936年5月4日、甲子園球場でのタイガース対セネタース戦で、タイガースの藤井勇選手がランニング本塁打で記録しています。名古屋の前田喜代士選手が記録した第2号もランニング本塁打でした。初のフェンス越え本塁打は22試合目の5月22日、阪急対大東京戦で、阪急の四番・山下実選手が宝塚球場の左翼席へ叩き込んだ一打で、プロ野球延べ1748打席目のことでした。

 戦前のプロ野球は本塁打が少なく1試合平均0.31本。ホームランは3試合に1本の希少なものでした。戦後「ラビットボール」と呼ばれる飛ぶボールが使用され急激に本塁打は増えましたが、それでも10000号到達には21年を要しました(記念本塁打表を参照)。10000号から20000号までは9年、20000号から30000号までは7年と徐々に量産ペースが向上し、それ以降はおよそ6~7年間隔で節目が刻まれています。

 10万近い本塁打の中には野球場以外で記録されたものもあります。今では想像出来ませんが、1950年ごろまでは球場難に苦しみ「学校の校庭」を借りて公式戦を開催していました。柏崎高校(新潟)、高岡工専(富山)、福井市立福井高校(福井)、尾道西高校(広島)、長崎商業(長崎)の5校で計8試合を行い20本塁打が記録されています。スタンドはもちろん外野フェンスもないので、外野にロープを張り境界線を作り、それを越えたら本塁打と認めていたようです。この他にも1946年に4試合を行い9本塁打が出た石川県の金沢公設グラウンドは「陸上競技場」でした(金沢市営陸上競技場として現存)。一周400mのトラック上に作られたダイヤモンドで刻まれた一発も、プロ野球の記録を紡いでいます。

 さあ、10万号のメモリアルアーチを放つのは誰でしょうか。当然、本塁打を量産する選手は確率が高まります。しかし、過去の10000号区切りの記念本塁打を見ると9人中5人は生涯本塁打40本以下の選手が名を連ねており、多くの選手にチャンスはありそうです。50000号から5回続く「左打者」が今回も打つのか、38年ぶりに「右打者」か。その舞台は70000号から3回続くドーム球場か、それとも澄んだ秋空の下の屋外球場か。

 プロ野球史に永遠に残る一打を、どうぞ瞼に焼き付けてください。

【NPB公式記録員 山本勉】

プロ野球 記念本塁打

号数 打者 チーム 年月日 相手 球場 生涯本塁打
1 藤井 勇 タイガース 1936.5.4 セネタース 甲子園 146
10000 渡辺 清 阪急 1957.7.19 近鉄 大阪 19
20000 井石 礼司 東京 1966.7.6 近鉄 東京 27
30000 基 満男 太平洋 1973.5.20 近鉄 平和台 189
40000 ウイリアムス 阪急 1979.6.28 ロッテ 西宮 96
50000 仲根 政裕 近鉄 1985.4.23 南海 藤井寺 36
60000 広永 益隆 ダイエー 1990.9.26 オリックス 西宮 34
70000 駒田 徳広 横浜 1997.9.9 巨人 東京ドーム 195
80000 ペタジーニ 巨人 2003.9.14 ヤクルト 東京ドーム 233
90000 ブラウン 西武 2010.4.4 日本ハム 札幌ドーム 21