• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【コラム】丸佳浩から4打席連続三振!優勝争いの強敵から価値ある勝利を挙げた広島・大瀬良大地

 打たせてはいけない相手は、分かりきっていた。3月29日、広島4連覇へ最大の強敵と目される巨人との開幕戦(マツダスタジアム)。初の開幕投手となった大瀬良大地は今季の空気が形作られるとも言える一戦のマウンドに立っていた。打たせてはいけない相手とは、もちろん三番の丸佳浩だ。オフに広島から巨人へFA移籍した昨年のMVP。丸が打ち、巨人が勝つようであれば「今年は昨年までと違う」というムードが、敵にも味方にも生じかねない。ここは全力で抑えにかかるしかなかった。

 結果は4打席4三振と最高の結果に終わった。だが、各打席の勝負球を見ると大瀬良がいかにきっちりと研究し、対策を練って、丸との対戦に力を尽くしたかが分かる。

 第1打席。カウント1-2から勝負球に選んだのは、インローへのカットボールだった。直前に二番の坂本勇人を空振り三振に仕留めたのと同じ球種で、この日投げた中で最も信頼のおけるボール。丸はハーフスイングで空振り三振となった。

 ここから広島バッテリーは前の打席のイメージを裏切りながら、攻め方を広げていく。内角に意識が強く残っているであろう第2打席は外へボールを集め、「いつ内に来るのか」と丸に思わせながら、最後もフルカウントから外角へバックドアのカットボールで見逃し三振。第3打席。丸の意識はおそらく「内か、外か」。だが、カウント1-2から投じたのはカーブ。今度は内外ではなく、高低の揺さぶりで空振り三振を奪った。

 第4打席。まだ、丸の意識の外に置かれているボールがあった。一死一、二塁、カウント1ボール2ストライクから外角低めへの直球勝負で見逃し三振だ。「いろいろなボールで抑えられたので良かった。(丸は)お世話になった方。抑えることが恩返しになると思った」と大瀬良。8回を投げて7安打1四球、11奪三振で無失点のピッチングを見せ、巨人のエース・菅野智之に投げ勝った。チームの開幕シリーズはこの1勝だけに終わったが、エースが今年の優勝争いの強敵に、まず勝ったことは心強い材料だ。

 昨年はセ・リーグ2冠に輝いた。15勝で最多勝利投手となり、勝率第一位投手の.682もマーク。今年はさらに200イニング登板も目標に掲げる。道のりの過酷さは理解している。1年間安定して働いた昨年でさえ、182イニング。それでも目標を高く設定するのは、先発投手の登板イニングが伸びるほどリリーフ陣の負担が減るからだ。

 チーム全体のことも考えながらマウンドで躍動する大瀬良。1年を通してエースとして働く決意は強い。

【文責:週刊ベースボール】