• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

「スピードアップ賞」 受賞者・チーム決定のお知らせ

 日本プロフェッショナル野球組織がコミッショナー表彰として、試合を心地よく、魅力的にするためにスピーディーに進めた選手及びチームに贈る「スピードアップ賞」が下記の通り決定いたしました。

 なお、今年も株式会社ローソンエンタテインメントから協賛を頂き、正式名称を「ローソンチケット スピードアップ賞」といたします。株式会社ローソンエンタテインメントの協賛は本賞が制定された2016年より4年連続となります。

正式名称 ローソンチケット スピードアップ賞
協賛社 株式会社ローソンエンタテインメント
表彰日 後日発表

個人表彰/賞金各50万円 ※特別表彰選手は100万円

投手部門

レギュラーシーズンにおいて、最も平均投球間隔(無走者時)が短かった投手
※1 先発で120投球回以上、又は救援で50投球回以上
※2 上記条件に満たない場合、総投球回数が120投球回を超える投手については選考対象に含めるものとする

セントラル・リーグ C.C.メルセデス投手(読売ジャイアンツ) 9.2秒
パシフィック・リーグ 高橋礼投手(福岡ソフトバンクホークス) 10.0秒
打者部門

レギュラーシーズンにおいて、最も相手投手の平均投球間隔(無走者時)が短かった打者
(規定打席以上)

セントラル・リーグ 大和選手(横浜DeNAベイスターズ) 11.8秒
パシフィック・リーグ 福田周平選手(オリックス・バファローズ) 12.55秒

チーム表彰/賞金各100万円

レギュラーシーズンにおいて、最も平均試合時間(9回試合のみ)が短かったチーム

セントラル・リーグ 中日ドラゴンズ(3時間9分)
パシフィック・リーグ オリックス・バファローズ(3時間13分)
※特別表彰選手規定

2年連続又は3回目の受賞者。賞金は50万円が100万円となり、翌シーズン以降の「スピードアップ賞」の対象選手から外れる。

ローソンチケット スピードアップ賞 ロゴ