• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • セントラル・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2015 WBSC プレミア12

「2015 WBSC プレミア12」の概要

背景

 WBSC プレミア12はコンパクトな大会(試合開催日は9日間)となるように設計されており、世界のトップ12チームが参加予定です。

 WBSC プレミア12は数百万ドルの賞金が参加国に与えられ、国際大会の中で最も多くの世界ランキングポイントを付与することになります。

 プレミア12は参加国の選手に国際試合で自らの国を代表するという最高の栄誉を世界の聴衆の前で得られる大会となります。

 2014年11月に発表されたプレミア12に参加予定の世界トップ12チームは以下の通りです。

No.1 日本、No.2 米国、No.3 キューバ、No.4 チャイニーズタイペイ、No.5 オランダ、No.6 ドミニカ共和国、No.7 カナダ、No.8 韓国、No.9 プエルトリコ、No.10 ベネズエラ、No.11 イタリア、No.12 メキシコ

 WBSCのワールドチャンピオンシップ大会(アンダー世代の12U、15U、18U、21Uのベースボールワールドカップから2013年WBCを含むWBSC公認国際大会)から得られる世界ランキングのポイントを加算することにより、プレミア12の参加国を決定します。

 各大陸選手権(アジア野球選手権など)は2015年プレミア12の予選としては使用されませんでしたが、参加予定12カ国は野球の世界的な広がりを象徴し、西半球全体(北米、中南米、カリブ海)、アジア、南北ヨーロッパから参加が予定されています。オセアニア地域のオーストラリアは世界ランキング14位(2012年には10位まで浮上)となり、12位のメキシコとは8.96ポイント差となりました。

WBSCとは

 世界野球ソフトボール連盟はオリンピック首都のスイス・ローザンヌに本部を置き、2013年4月に設立され、2013年9月に行われた第125回IOC総会に於いて、国際オリンピック委員会から認定された世界唯一の野球とソフトボールの管轄団体です。WBSCは約6500万のアスリートから成る世界の野球とソフトボール界を代表する組織です。
 WBSCは世界141の加盟国から構成される代表チームが参加する全ての国際大会を統轄しており、ソフトボールワールドチャンピオンシップ、プレミア12、ワールドベースボールクラシック、12U、15U、18U、21U、女子野球ベースボールワールドカップを管轄しています。

大会概要

日程
  • 2015年11月8日から21日
  • 日本開幕戦は11月8日に開催
  • 決勝戦は11月21日に開催
  • 同大会は4年に一度開催
大会フォーマット
  • 1次ラウンドは6チーム、2グループが総当たりリーグ戦で対戦
  • 各グループ上位4チームがトーナメント方式の準々決勝に進出
  • 試合開催日は9日間とコンパクトな大会
  • トータルで38試合開催
共催
  • 日本で開幕戦、3位決定戦を含む準決勝、決勝を開催
  • チャイニーズタイペイで1次ラウンドと準々決勝4試合を開催
  • 準決勝、決勝は東京ドームで開催
最高位の野球国際大会
  • 数ある国際大会の中で最も多くの世界ランキングポイントが付与
  • 数百万米ドルの賞金
世界ランキングを参加国決定の唯一の方法として採用する唯一のメジャースポーツイベント
  • 世界ランキングがプレミア12の参加国を決定する唯一の方法として決定されたことを受け、世界ランキングそのもの、及びユース世代のワールドカップの価値向上、及びさらなる発展への大きな原動力となることが予想される
  • 上記方式により、WBSC世界ランキングは各国の「野球国力」を反映するランキング
  • 世界で最も強いチームがプレミア12に参加予定
オリンピック予選としての可能性について
  • もし野球が2020年オリンピックに復帰することが出来た場合には、2019年に開催される第2回プレミア12は2020年オリンピックへの予選大会として指定
代表チームについて
  • WBSCの代表チームの国際大会は人気、世界的な広がり、市場価値ともに大きく上昇傾向にある
  • プレミア12はWBSCの代表チームが参加する国際大会のさらなるグローバル化及びブランド価値向上へのコミットメントを強調する大会となる
  • 自らの国を代表する最高の栄誉を得られる場所
大会レギュレーション
  • WBSC公式大会レギュレーション
  • 球数制限は無し
  • 五輪憲章に基づいたルールとなり、参加資格は有効なパスポートの保持により決定
  • 大会レギュレーション詳細は後日発表予定

※グループ分け及び大会スケジュールは後日発表予定