• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2015 WBSC プレミア12

WBSC世界野球ランキングについて

 2015年11月に初めて開催される「WBSC プレミア12」への出場権は、2014年終了時における「WBSC世界野球ランキング」上位12カ国(日本は1位)に付与されますが、「WBSC世界野球ランキング」はトップチームだけでなくアンダー世代の大会結果までがポイント対象になっていることが特徴的です。
※WBSC(World Baseball Softball Confederation):世界野球ソフトボール連盟

 日本のポイント785.18点の内訳について、トップチームの獲得ポイント(290点)は全体の36.9%に過ぎす、「WBSC プレミア12」はトップチームの強さだけでなく、アンダー世代までを含めた「国全体の野球力(野球国力)」上位12カ国が出場する大会であると言えます。

 日本はトップチームだけでなく全ての世代がコンスタントに好成績を収めた結果、「野球国力1位」として出場権を獲得しました。今回出場する侍ジャパントップチームは、「野球国力1位」の誇りを胸に、アンダー世代までも含めた「日本野球」を代表して優勝・世界一を目指します。

日本が獲得したポイント

世代 大会名 順位 (または勝敗) 基礎点 係数 ポイント
2011 社会人 第39回IBAFワールドカップ 予選リーグ敗退 5.67 4.0 22.68
2011 15U ※ 第15回AA世界野球選手権大会 3位 30 1.0 30
2012 18U 第25回IBAF18Uワールドカップ 6位 11.5 2.0 23
2012 トップ 侍ジャパンマッチ2012(キューバ代表戦) 2勝 25×2試合 1.0 50
2012 社会人 第26回アジア野球選手権大会 優勝 50 1.0 50
2013 トップ 第3回ワールド・ベースボール・クラシック ベスト4 30 6.0 180
2013 12U 第2回IBAF12Uワールドカップ 3位 30 1.0 30
2013 18U 第26回IBAF18Uワールドカップ 準優勝 40 2.0 80
2013 トップ 2013 BASEBALL CHALLENGE 3勝 20×3試合 1.0 60
2013 大学 第39回日米大学野球選手権大会 3勝 20×3試合 1.0 60
2013 社会人 第6回東アジア競技大会 優勝 50 0.75 37.5
2014 21U 第1回IBAF21Uワールドカップ 準優勝 40 2.0 80
2014 15U 第2回IBAF15Uワールドカップ 7位 12 1.0 12
2014 大学 第27回ハーレムベースボールウィーク 準優勝 40 1.0 40
2014 社会人 第17回アジア競技大会 3位 30 1.0 30
  合計 785.18

※第15回AA世界野球選手権大会は16歳以下に出場資格

ランキングの算出方法

直近4年間のWBSC主催または公認大会(年代別大会も含む)の成績を集計して、各大会の終了ごとに更新。ポイント算出方法は、各大会の1位が50点、2位が40点、3位が30点などと基礎点を与え、大会の規模やレベルに応じて0.25~6倍の係数をかけます。
国際試合については、対戦相手の前年度ランクによって勝利した際に得られるポイントが変動します。

最新のWBSC世界野球ランキング(2014年11月26日発表時点)

順位 チーム ポイント
1 日本 785.18
2 米国 766.02
3 キューバ 662.98
4 チャイニーズタイペイ 605.48
5 オランダ 433.50
6 ドミニカ共和国 379.18
7 カナダ 352.52
8 韓国 340.90
9 プエルトリコ 291.50
10 ベネズエラ 269.00
11 イタリア 196.18
12 メキシコ 136.78
13 パナマ 132.92
14 オーストラリア 127.82
15 ブラジル 116.61

WBSC世界野球ランキング

過去の日本の順位

2009年終了時 3位
2010年終了時 4位
2011年終了時 4位
2012年終了時 3位
2013年終了時 2位
2014年終了時 1位