• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

「パシフィック・リーグ優勝トロフィー」彫刻家・名和晃平氏によりリニューアル

 一般社団法人日本野球機構は、今シーズンから「パシフィック・リーグ優勝トロフィー」をリニューアルしますので、お知らせします。

 パシフィック・リーグ優勝の象徴となる本トロフィーは、日本を代表する彫刻家・名和晃平氏と、名和氏が主宰のSANDWICH,Incにプロデュースしていただきました。

 これまでの優勝トロフィー(女神像)は、リーグ初年度となる1950年から2016年の67シーズンにわたって優勝チームに授与されてきました。このたび、新たに製作したトロフィーは、これまでのトロフィーを引き継ぎ、“勝利の女神”をモチーフとし、モーション・キャプチャ(*)など最新のテクノロジーを駆使して“パシフィックオーシャン”をイメージしたデザインとなっています。2017年以降の歴代優勝チーム名が、台座部分にレーザー刻印されていきます。


撮影:Nobutada Omote | SANDWICH

コンセプト:名和晃平氏コメント

野球の基本である「投げる」「打つ」というアクションをモーション・キャプチャの技術によって3Dデータ化し、「動きの形」を組み合わせることで造形しました。
“パシフィックオーシャン”の煌めく光や波飛沫(なみしぶき)をイメージした造形の中心に1950年のパ・リーグ創設時からの象徴である“勝利の女神“が立ち、葉冠(ようかん)を勝利者に与えようとしている。

名和晃平氏 略歴

彫刻家。1998年京都市立芸術大学美術科彫刻専攻卒業。2000年同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2003年同大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。
2009年京都・伏見区に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。画素のPixelと細胞のCellを組み合わせた独自の「PixCell」という概念を機軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。京都造形芸術大学大学院芸術研究科教授。

パシフィック・リーグ優勝トロフィー概要
サイズ 高さ650mm 幅333mm 奥行き200mm
重量 7kg
素材 ミクストメディア
製作協力 (株)スパイス、(株)安田製作所、(株)石川漆工房、岡田萬治金箔美術、(株)JAC、松岡特殊鋼(株)

※本トロフィーは、今シーズンの優勝決定時に披露します。その後、優勝チームの本拠地球場などで展示を予定しています。
優勝チームが、ホーム・ゲームで優勝決定した際は当該試合の終了後に、ホーム・ゲーム以外の際は最も早いホーム・ゲームにて、授与される予定です。

(*)モーション・キャプチャ
人間などの動きをコンピューターで測定し、3次元のデータとして取り入れる技法。