• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

「スピードアップ賞」 協賛社ならびに受賞者・チーム決定のお知らせ

 日本プロフェッショナル野球組織が2016年からコミッショナー表彰として制定しました「スピードアップ賞」が下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

 R.バルデス投手(中日)、牧田和久投手(埼玉西武)はともに2年連続の受賞で「特別表彰選手」となり、賞金100万円が贈られ、この2選手は2018年シーズン以降はスピードアップ賞の対象外選手となります。

 また、2016年に続き、株式会社ローソンHMVエンタテイメントがご協賛頂いております。正式名称は「ローソンチケット スピードアップ賞」となります。

 本賞は試合を心地よく、魅力的にするためにスピーディーに進めた選手、個人及びチームを対象としております。今年のレギュラーシーズンの受賞者ならびに受賞チームは下記の通りです。

正式名称 ローソンチケット スピードアップ賞
協賛社 株式会社ローソンHMVエンタテイメント
表彰日 後日発表

個人表彰

投手部門

レギュラーシーズンにおいて、最も平均投球間隔(無走者時)が短かった投手

セントラル・リーグ R.バルデス投手(中日) 9.1秒
パシフィック・リーグ 牧田和久投手(埼玉西武) 7.5秒
打者部門

レギュラーシーズンにおいて、最も相手投手の平均投球間隔(無走者時)が短かった打者

セントラル・リーグ 京田陽太選手(中日) 11.4秒
パシフィック・リーグ 源田壮亮選手(埼玉西武) 12.4秒

チーム表彰

レギュラーシーズンにおいて、最も平均試合時間(9回試合のみ)が短かったチーム

セントラル・リーグ 読売ジャイアンツ(2時間59分)
パシフィック・リーグ 埼玉西武ライオンズ(3時間3分)
※各賞の規定

投手: 先発で120投球回以上、救援で50投球回以上。
打者: 規定打席以上。

※特別表彰選手規定

2年連続又は3回目の受賞者。賞金は50万円が100万円となり、翌シーズン以降の「スピードアップ賞」の対象選手から外れる。

ローソンチケット スピードアップ賞 ロゴ