• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2017

デイリーレポート

第1戦

投打でDeNAを圧倒し、ソフトバンクが2年ぶり日本一へ好発進

 頂点に立つのはソフトバンクか、DeNAか――。SMBC日本シリーズ2017がヤフオクドームで幕を開けた。

 ソフトバンクの先発・千賀滉大は、初回に2四球を与えて二死一、二塁とピンチを招くも、宮﨑敏郎を三ゴロに抑えて無失点に。すると、打線が早速、援護する。1回裏、ソフトバンクは柳田悠岐の安打、今宮健太の犠打で一死二塁とし、デスパイネの左翼への二塁打で先制点を奪取。DeNAの先発・井納翔一の立ち上がりを攻め立てた。続く2回裏も先頭の松田宣浩が左前打で出塁し、七番・長谷川勇也がバックスクリーン右への2ラン本塁打で加点。ソフトバンクが試合の主導権を握る。

 追うDeNAは5回表に先頭・乙坂智が敵失で出塁すると、倉本寿彦の右前打で無死一、三塁とチャンスメーク。続く一番・桑原将志の遊ゴロ間に1点を返したが、守りでリズムに乗れない。5回裏に先頭・今宮に四球を与えると、盗塁に捕手・嶺井博希の悪送球が重なって三進を許すと、続くデスパイネに適時打を浴びる。その後に一死を奪うも、四球、安打で満塁のピンチを招き、ここでマウンドに上がった二番手・田中健二朗が2つの押し出し四球を献上。柳田に2点適時打を浴び、今宮には走者一掃の中越え適時三塁打を許して一挙に7失点と、試合の流れは完全にソフトバンクへと傾いた。

 先制点を挙げ、リードを広げて中盤へ――。こうなれば、ソフトバンクのペースだった。今季、先制点を挙げた試合の勝率は.890。この驚異的な数字を生んだ盤石の救援陣がリードを守る。8回・森唯斗、9回・嘉弥真新也、9回二死からは寺原隼人がマウンドに上がり、無失点リレーでゲームセット。10対1と大量リードで守護神・サファテを投入することなく、投打でDeNAを圧倒したソフトバンクが第1戦をモノにした。

 地元・福岡で白星発進となった工藤公康監督は、2回裏の長谷川の一発に「次の1点をどちらが取るかというところ。あれが大きかった」と称え、5回のビッグイニングに対しては「スキあらば次の塁を狙う。シーズンと同じ気持ち」と、第2戦以降も「普段どおり野球をやるだけ。次の塁を狙い、次の打者につなげる。ベンチは明るく元気に。野球は楽しくやるだけです」と、笑顔で語った。

 投打で盤石の戦力を誇るソフトバンクが、リーグ3位からCSを突破し、勢いに乗るDeNA相手に快勝。2年ぶり8度目の日本一へ。鷹が最高のスタートを切った。

SMBC日本シリーズ2017 第1戦

2017年10月28日(土)
ヤフオクドーム ◇開始 18:32 (3時間13分) ◇入場者 36,183

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
横浜DeNA 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 1
福岡ソフトバンク 1 2 0 0 7 0 0 0 X 10 9 1
バッテリー
[ディ] ●井納(0-1)、田中健、須田、平田、砂田 - 嶺井、戸柱
[ソ] ○千賀(1-0)、森、嘉弥真、寺原 - 甲斐、髙谷
本塁打
[ソ] 長谷川勇 1号(2回2ラン 井納)