• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2017

デイリーレポート

第2戦

中村晃の逆転打で接戦モノに。ソフトバンクが連勝を飾る

 SMBC日本シリーズ2017第2戦(ヤフオクドーム)。ソフトバンクが逆転勝利で連勝を飾った。

 試合は早々に動く。ソフトバンクは1回裏、一番・柳田悠岐がDeNA先発・今永昇太の初球を右前に運ぶと、二番・今宮健太が、1球で犠打を成功。一死二塁と好機をつくると、三番・デスパイネが3球目を左前に適時打を放ち、わずか5球で先制点を奪う。

 援護を受けたソフトバンク先発の東浜巨は、2回表の先頭・筒香嘉智に内野安打、一死後に四球を与えるも、後続を断って無失点に。3回表は三者連続三振に斬って取るなど、DeNA打線につけ入るスキを与えない。だが、今永も負けじと立ち直り、2回以降は東浜、今永の両先発の好投でスコアボードにゼロが並んでいく。

 再び試合が動いたのは6回表。DeNAが一死から梶谷隆幸の右翼へのソロアーチで試合を振り出しに戻すと、続くロペスが三塁内野安打で出塁。ここでソフトバンクは継投に。2番手・嘉弥真新也が一死を奪うと、すぐに3番手・森唯斗にスイッチしたが、宮﨑敏郎に2ラン本塁打を被弾。DeNAがこの回、一気に逆転に成功した。

 追う展開となったソフトバンクは7回裏、一死三塁から柳田の中前打で1点を返す。なおも敵失と四球で二死満塁と好機を作ると、中村晃が右前打で、三走・柳田が生還。二走・今宮は一時、本塁タッチアウトの判定も、リプレイ検証の結果、生還が認められてソフトバンクが再びリードを奪った。

 以降は盤石の救援陣の継投へ。8回・モイネロ、9回・サファテが無安打継投でリードを守り抜き、ソフトバンクが4対3で逆転勝利を飾った。

 試合後のインタビューで「中村君も勝負強いところを見せてくれたし、今宮君の素晴らしいヘッドスライディングが勝利を呼んでくれた」と話したソフトバンク・工藤公康監督。決勝打を放った中村も「まだ(日本シリーズで)1本も打っていなかったので。当たりは良かったけど、逆転のランナーはどうかなと思って。(今宮)健太のスライディングに感謝しています」と語り「みんなでつかんだ勝利です」と声を弾ませた。

 第1戦は大勝、2戦目は接戦をモノにしたソフトバンクが、地元で連勝発進。明日30日の移動日を挟んで、31日に行われる第3戦、最高の形で敵地・横浜スタジアムに乗り込む。

SMBC日本シリーズ2017 第2戦

2017年10月29日(日)
ヤフオクドーム ◇開始 18:33 (3時間56分) ◇入場者 36,082

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
横浜DeNA 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 5 1
福岡ソフトバンク 1 0 0 0 0 0 3 0 X 4 8 0
バッテリー
[ディ] 今永、三上、砂田、●パットン(0-1)、エスコバー - 戸柱
[ソ] 東浜、嘉弥真、森、○石川(1-0)、モイネロ、(S)サファテ(1) - 甲斐、髙谷
本塁打
[ディ] 梶谷 1号(6回ソロ 東浜)、宮﨑 1号(6回2ラン 森)